価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 屈辱!我らを虫けらのように軽んずるあなたへ!

屈辱!我らを虫けらのように軽んずるあなたへ!

屈辱!我らを虫けらのように軽んずるあなたへ!2008年9月1日夜9時過ぎ、現首相が首相官邸で緊急記者会見を開き、首相を辞任する考えを表明した。2006年の元首相退任の後の、2007年の前首相の退陣に続いての突然の辞任劇である。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









屈辱!我らを虫けらのように軽んずるあなたへ!


屈辱!
虫けらのように軽んずる


人生には絶対に忘れちゃいけないことがある。
虫けら扱いされたことなんてものは決して忘れちゃいけない。

胸に深く刻み込んで、いや、胸に深く刻み込まれた傷を逆に刻み返して更に強く記憶しならなければならない。

世の中はあなたをゴミのように軽んじ、侮り、上から目線で畳み掛けてくる奴らで満載なんだから。




2008年9月1日夜9時過ぎ、現首相が首相官邸で緊急記者会見を開き、首相を辞任する考えを表明した。

2006年の元首相退任の後の、2007年の前首相の退陣に続いての突然の辞任劇である。




この世に誰が船長をしても沈没するしか道がない船なんてあるのだろうか。
誰も責任を取らなくてもいい船なんてあるのだろうか。

日本は今、誰が船長をしても沈む運命を背負った船であることには変わりない。
何十年も前に、権力者が際限なく借金を始めた時にそう決まった。

船長は次から次へと変わっていくが、日本丸沈没までの時計の針は決して逆回転することはない。




さて、あなたは、それでも沈み行く日本丸に乗り続けますか?

1.私は乗り続けます。

2.私は降ります。




と、問うてみたところで、すでに日本丸から降りている者もあまた居る。
カナダやアメリカに居を移した者や、香港に拠点を移した者達だ。

そんなお金持ちは、命の次に大事なお金を守るために早々に日本を捨てている。
お金持ちは、自分の国籍がどこであろうと構わない。




生まれ故郷がどのように没落しようとも、郷里のみんながどんなに落ちぶれ果てようとも、そんなの一向に構わない。

そんなセンチなノスタルジーは、はなから持ち合わせていないのだ。

とにかく、自国の命運より、他人の命より、自分のお金が最も優先する事項である。
かつて、7割の重税からお金を守ろうとして、北欧から逃げ出したテニスプレーヤーやF1レーサーの存在なんかもその類いだ。




タイタニック号が沈んだという史実が動かしようがないように、日本も同じ確かさで沈むことは決定事項である。

タイタニック号で繰り広げられた、沈み行く己を眺め、死が来るまでは絶対に動かない、みんなと同じ運命をたどるんだ、と、そう思考する人間は相当数、居たりする。
日本丸沈没まで、乗り続けようとする呑気君は大勢を支配する。

呑気君は自立では決断できない。
他人のことばかりを気にして、己が見えてない。




そんな、あなたへ。




これを金言と取るか諫言と取るかは、あなたの能力次第です。

大変偉そうで恐縮の限りですが、あなたがあなた自身の分析をしないから私が代わりにしてあげます。

って偉そうな言い方をすれば、もう既にお怒りのことなんでしょうね、あなたは。
でも続けます。

あなたに会った当初から、私はあなたには介入しない人間でした。

このことは、今も昔もこれからもそうです。
でも、それに反してあなたは、他人に介入する人間だった。




私は、自らの思考をホームページで発信する人間だったけど、あなたは自分の思考は披露しようとはせずに、他人の思考を「質問してるだけ」と称しては、しつこく聞き出し、そしてそれに反論して生きて来た。

そうです。

自分では何も生み出さずに、他人の思考を聞き出しては、それに反応していただけなのです。

単に、他人の思考に寄生して生きて来ただけなのです。
そう、謂わば寄生虫です。




私はあなたが何を考えているのかを尋ねなかったですね。

でも、あなたは私の思考を尋ねてきて、言葉尻を捉えては攻撃を仕掛け、または思考が違うと言っては、喧嘩を売ってきました。

だからサー、人間は別々の個性なんだから、思考はまったくの自由であって、そこには介入しないで生きるもんなんだって、そういうニュアンスのことを言えば、私は、人のことを聞くのが好きだから、そして逆に自分のことを聞いて貰いたいくらい、かまって貰いたいくらい、という、まったくの我が儘な論法を展開しましたね。




そうこうして、何百回も喧嘩を重ねました。

今、とっても不思議でなりませんが、あなたは喧嘩をした後でも、ケロッとした感じで仕事に打ち込んでましたね。

まるで、私のことが眼中になかったかの如くに。
まるで、喧嘩をスポーツのように楽しんだかの如くに。

まるで、みすぼらしい虫けらを相手してやったんだ、感謝しろってな具合に。




でも私は喧嘩の後は何にも手に着きません。

私にとっては、喧嘩は何も生み出さず、何も創造せず、まったく無意味なものだったのです。

でも、あなたにとっては、他人の思考を聞くことができる機会であって、しかも参考にもなり、オマケにスカっとするスポーツのようなものだったのですね。




でも、よーくお考えください。

喧嘩によって、何が創造されてきたものがありましたでしょうか。
何にもありませんよね。

それはもう、私にとってはいい迷惑であって、喧嘩の度に私の思考は停止して、体は凍り付き、何百時間も貴重な時間を無為に失ったのでした。

そう、単なる喪失でしかなかったのです。
理屈的には、あなたにとっても、その筈なのですが。

そう、私の思考を強引に聞き出して、それをネタに喧嘩したって何も得るものは無い筈なのです。

でもあなたは、喧嘩を他人の思考を聞き出す手法のようにのたまう。




世の中は与える者が、何かを得るのです。
これは誰もがひれ伏す黄金法則だ。

自分の思考を披露すれば、他人の思考も集まって来るという約束になってるのだ。
でも、あなたは自分の思考を披露しようとはせずに、まず、質問をします。

そうして、引っ張り出した相手の思考に対して、「私はこう考える」という疑問をぶつけてきます。

あなたは、何かを得る時の黄金法則とはまったくの逆をなさる。

もともと、あなたは自分のことを何にも発信しないから、何にも創造はしてはいませんよね。

反面、私は惜しげもなく自分の勝ち取ってきた思考を、この世に披露しています。




このような質問攻撃は理不尽極まりない。

それに対応することは、膨大な時間と多大な神経の消耗戦であり、また、さすがに気が狂いそうにもなる。

普通なら捨て置くところなんだけど、こんなに質問攻めしてくるんなら、何らかの対抗策を講じなければ、私は死んでしまうんじゃないかと思った。

そこで一計を案じた。




あなたをユーザーからサプライヤーにしてしまおう。
私と同じサプライヤー思考にしてしまおう、と。

大変な大事業、命を賭した大事業、頭がいくつ割れるか分からない大事業になるだろうけど、狂い死にするよりはマシだろう。

チャレンジして損はないし、失敗しても何も失うものもない。

だから、何度も何度も、何度も何度も、普段から、そして喧嘩の度ごとに、説いて来たのです。

気弱な私は、神経の繊細な私は、毎回、毎回、死ぬ思いで説いて来たのです。
何度説明を請われても、ねばり強く説いても来たのです。

で、でも、これは、あくまでも私のためでありました。
私の自己防衛の結果なのです。




あなたのためなんかじゃありません。

いや、2次的な副産物としては、あなたのためなのですが、一義的には、私が死なないためにやったものなんです。

だから、感謝の必要はありません。
また、感謝の念を抱けというのも無茶というものでしょう。

人は、私もそうですが、一人で大きくなったと思いがちです。
だから今あるあなたは、あなた自らが勝ち取った、でいいのです。




また感謝の念もないのに感謝する必要もありません。
そして、反省も同じことです。

反省の念もないのに反省する必要はありません。
あなたはあなたのやり方を貫けばいいのです。

私は不条理なのが嫌いです。
でもあなたは不条理満載でした。




私は論理的なのが大好きでした。
でもあなたは無茶苦茶でした。

論理的な面が全くなかった。

直情径行的に取り敢えず喧嘩を勃発させておいて、後で謝れば終わりだろうという手法を何百回と繰り返してきましたね。

私は、その度にお願いしてきました。

止めてください。
死ぬからと。




でも、あなたは、私の思考を引き出しては、そこに有りもしない妄想をくっつけては、思考を飛躍させ、さも現実に有ったかのようなモンスターへと成長させて、それをネタに喧嘩を売ってきたのです。

何度も何度も違うということを論理的に説明しても、非論理的にそれを否定して、何度も何度も同じことを説明させたのです。




疲れました。
さすがに疲れた。

もう止めてください。
もう何をどのようにお願いすれば止めてくれるのでしょうか。

何百回もいいますが、私からは喧嘩を売りません。
他人は別々の思考であってオンリーワンだということを理解しているからです。

でもあなたは私の考え方を聞き出して喧嘩を売ることを止めようとはしません。




これは、もう止められるなんていうものじゃないんでしょうか。
喧嘩を売るのを止めるとは、それはあなたがあなたでなくなるということを表わすのでしょう。

止められないのはそれが、あなた自身だからですね。
分かりました。

だから、謝る必要はありません。
これからは、もう関わるのは止めます。

だから、質問するのは止めてください。
そして喧嘩は売らないでください。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 屈辱!我らを虫けらのように軽んずるあなたへ!

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「屈辱!我らを虫けらのように軽んずるあなたへ!」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。