価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 地上の目標(8)

地上の目標(8)

ひとりの愛する妻を得て、私の地上の目標は達成された。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









地上の目標(8)


地上の目標(8)


ある出来事に関しての掲示板でのやりとりを、読みやすいように整理してみました。


[156] 無題 投稿者:悟空 投稿日:2009/08/22(Sat) 23:53 [返信]


価値辞典様

もし私が、自分史を書くとしたら@とBを入れたいと想っています。
まだまだ感動秘話も、顔から火が出るほど恥ずかしかった話もあるのですが、
少しずつUPして参りたいと想います。

ちなみに小学生の頃の私のあだ名は「猿」でした。
これは、体が柔らかく、身のこなし(逃げ足?)が早かったのでついたのが半分、
残りの半分は、私の実名が「猿」に似ている名前だったからです。

それから高校生になった頃、いつの間にか「悟空」と呼ばれるようになったのです。
理由は・・・日本テレビの「西遊記」で、堺正章さん演じる孫悟空に、顔も、ひょうきんなキャラクターも似ているという事からこのあだ名がつきました。




子供を持つ親になりますと・・・アニメ「ドラゴンボール」の孫悟空の存在から、子供達には「いいあだ名だ!」と、羨ましがられています。

孫悟空は同じでも、かたや人間、私のあだ名の語源は「猿」だということは、まだ教えていません。

昔(20代まで)は、エテコウ(猿)はイヤだったのですが、今ではとても気に入っています。




キャンディースじゃありませんが、「普通の男の子」に戻りたいってあります。
たまに、家庭を捨てて・・・なんて事も考える事があります。
でも、私には仕事と家庭を捨てることは出来ません。

でも、子育てや生活で苦労して、子供を一人前に育てて、一生食べて行けるだけの資金を手にするには、まだまだ「人として」「男として」「父親として」「夫として」の理想と比べれば、やり切れてない。

一生恋人で居たいというような男女の愛は無いけれど、人間として、母親として、妻として大好きだから二人の間に生まれた子供達も大好きだから・・・「家族愛」だけは自慢できると想っています。




妻と子供、こいつらの為だったら私は彼らの期待に応え続けていこうと想うのです。
私は、妻の人生を、子供たちの人生を少しでも良くしてあげたいと想うのです。

妻に結婚して貰って、子供を生んで育てて貰って、その意味で大きな感謝という愛を育むことも出来た。

今の私の人生は、他人を巻き込んで自分で作ったものだから、私なりに一生をかけて筋を通そうと想うのです。

満点でこの人生を終えれば、今度こそ次のステップに進めるのだと想うことにしました。

魂は不滅、悠久の前世の経験と個性を持ち続け、愛の頂点を目指すために何度も何度も生まれ変わると信じます。




いまさら27年前に戻って・・・なんて、出来る訳もありません。

だから、もし死んであの世で元婚約者と出会えたら、今度こそ「男と女の愛」を彼女と完成させます。

元婚約者との「男と女の愛」に戻って、後悔しない人生を一から始めたいと想います。
今の私に出来ることは、27年の想いを死ぬまで、そして死んでもずっと持ち続け、私が信じた世界があるのだと信じることです。

価値辞典さんは価値辞典さんの「生き様」が誘う方に生きてください。
出来れば悲しむ人がいないと良いと想っています。




私は、こちらに寄せた最初の投稿を別のサイトでも投稿していました。
以下は、それに返信して来てくれた方の投稿です。(参考までにコピペさせて頂きます)

私の一番好きだった叔父が悟空さんに似たような状況でした。

惚れて惚れて惚れ抜いていた女性と一緒に住んで、その女性も妊娠しましたが、周囲の猛反発を受けて中絶したようです。

叔父はその女性を心底愛していたようですが、周囲から見たその女性はあまり地に足がついているような感じには見えなかったようで、「妻」としてはふさわしくない、とのことで、愛し合ってる二人を強引に引き裂いて、用意した見合い相手と無理矢理結婚させられました。




それから25年ほど。子供ももう22歳と20歳。見合い結婚でしたが、家族仲が非常によく、叔父は本当に奥さん・子供を愛してるんだなぁ。。。

と、ずーーーっと思っていたのですが、あるとき、叔父が直腸がんを宣告され、開腹したときにはすでに他の臓器にも転移しており、手が付けられなくて、切らずに抗がん剤治療を続けていましたが、病状は悪化の一途。




死期が近づくにつれ、痛み止めが強すぎて幻覚をみるようになり、幻覚を見出すと、昔愛していた女性の名前を泣きながら呼んだり、会いたい、会いたい、と私達親戚に哀願したりして、本当に悩みましたけど。

死期がいよいよ迫ってきた頃に、見るに見かねた叔父の姉が一生懸命元カノの居場所を見つけて電話をかけ、現状を話したそうです。

すると、相手の方は電話の前で「あの人が誰よりも好きだった・・・生きてるうちに、話が出来るうちに一度会いたい・・・」と言って泣き崩れてしまったそうで、叔母が深く同情したらしく、一度二人を会わせたようです。

叔父は死期が目前まで迫っていますから、意識があったりなかったり、だったんですが、それでも、意識を取り戻して、彼女の手を取って何も話さず、ボロボロ二人で泣いていたそうです。




この話は現在の叔父の奥様は知りません。




叔父もあなたのように、「妻は。妻としても母親としても申し分ない。ただ、ただ、ひとつだけ・・・・女として愛することが出来ないんだ」・・・・と、言っていました。

うちの親族はもっと早くに合わせてあげてれば良かったのかもしれないね、と話していましたが、私は、叔父の死ぬ直前に会うことができたの健康な時に会うよりはむしろ良かったんじゃないかと思っています。

悟空さんが健康なうちに合って、色々と話してみるのも良いかと思いますが、やはり、それにはご自分の相当の意志の強さと理性が必要とされます。




もしかしから、20年もの月日の流れの中で価値観や考え方などがずれてしまっていることも考えられるし、相手の方も家族がいるようですから、お互いに線を引いて、深入りしない程度に留めておけばいいのじゃないでしょうか。

私個人の意見ですが、強いモルヒネで幻覚症状が現れ始めたとき、昔の一番愛していた彼女の名前を呼び続けて、その辺を手探りで探すんです。

これには、涙がボロボロ出ました。その一ヵ月後には息を引き取りました。叔父を自己中心的な男だと、どうして責められるでしょうか。




叔父は見合いながらも結婚して2人の子供に恵まれ、普通に平凡な幸せを送っていましたが、やはり何かに付けて彼女の笑顔を思い出したり、それは時が経てば経つほど想いが強くないいていっているようでした。

あまりアドバイスになってなくてごめんなさい。
あまりにも私の叔父のケースとかぶるものですから。

もし、どうしても会いたいのであれば、完全に線引きをするなり、彼女をもっとみじめな気持ちにさせないように配慮して欲しいものです。






[157] 大人の夢(1) 投稿者:価値辞典 投稿日:2009/08/23(Sun) 00:23 [返信]


好きなことをやって生きたいか?
それとも、嫌いなことをやって生き長らえたいか?

さあ、お選びください。

との自問に、例えばあなたが「好きなことやって生きたい」を選んだとしませんか。
でも、現状の自分は好きなことなんてしてない。

で、未来に描く希望と現状との辻褄が合わない。
だから擦り合わせをする作業が自分の中で行われるのだ。

自分はどうして好きなことができていないのか。
その理由探しの電波は脳内を駆け巡る。




今まで私は、人は好きなことをして生きるべきだと説いてきた。

説いて回ってるといえば、まるで宗教家みたいだけど、徳なんてひとつも積んでないごく普通の人間だ。

で、じゃー自分は好きなことをやってるのかと言えばそうじゃない。
自分には関係がない話だからと、人のことばかりを言ってきたのだ。




私は二〇年も余って地方公務員をやってきた。
二〇歳そこそこにとっては、社会というものが面白かった。

だから何も考えずに突っ走れた。

学生扱いされずに、○○さんと言われるだけで、りっぱな大人達と同じ土俵に立てたつもりで喜びを感じたもんだ。

いろんなことを知るたびに、好奇心が満たされて感動したものだった。
日々、一人前の人間になっていくような感じがして誇らしく思ったもんだ。
責任なんか持たされたひにゃ、緊張と達成感のはざ間でビシビシとしびれたもんだ。




しかし、その循環も一回りすれば、慣れがきて飽きもくる。

また、慣れきって飽きがきて、ダレきってる年寄達が組織を動かしてることに気がついてしまったりする。

誰も信念なんて持っちゃーいない。
持ってるものはといえば、振りかかった火の粉を払うという、反射神経だけだろう。




住民のためになんか、決して働いちゃいない。
住民の幸せなんか、決して考えちゃいない。

信念なき年寄達が口走る、まったくいけてない指令に、反応するしか能がない。
組織を改革する者なんて現れない。

だってそんなことをしたって意味がないからだ。
人事は年寄達が握ってる。




好きか嫌いかで人を動かす。
で、年寄達はいけてない。

だったら、誰も何も改めない。
二〇年もそん中にいたんだ。

私も公務員世界でないと生きていけなくなってる。
普通はそうだろう。




やってもやらなくても出世に関係がないんだ。
やってもやらなくても給与に跳ね返らないんだ。

ただ単に人間関係だけで出世するんだ。
こんなところが好きになれる訳がない。

公務員とは。
他人のことを他人のお金でやらされる。
これだろう。




他人のことを真剣にやるやつなんている訳がない。
他人のお金を節約するやつなんている訳がない。

やらされてるんだ。
気合が入る訳がない。

そんな空気に嫌悪感を覚えた。
そんなやつらと一緒に居たくない。

本当に吐き気がする。
こうなれば、もはやこれ以上いられる訳がない。




と思ったら、ふと、自分はこんなものが好きなのだろうかと疑問に感じた。
いや好きな訳がない。

むしろ嫌いだ。
と気がつくのである。




なのに、今まで私は、好きなこともやらずに、他人には好きなことをやって生きようじゃないかと言ってきた。

好きなことが見つからないんなら、嫌いな仕事をやりながら見つければいいじゃにかと言ってきた。

食える状況に居続けて、時間の合い間に好きなことにエネルギーを投入してものにすればいいじゃないかと言ってきた。

好きなことをものにするには、本気で臨まなきゃ無理である。
中途半端でいける訳がない。




世の中には、何もかも一点に集中して、死に物狂いで頑張ってる人だっているんだ。
遊びで勝てる訳がない。

で、バカな私は、こんな呑気なスタンスを何年続けたところで、好きなことがものになるという状況にはなり得ないことに気がつく。

今日の積み重ねが明日を形成する。
今、できてないものは、明日もできてない。

今できてないものは、一年後もできてないし5年後もできてない。
足し算ができる人なら、それが分かってしまうのだ。




それじゃーと、自らで挑戦してみることにする。
今すぐ嫌いなことを断ち切ればいいってことを。

断ち切ってから、好きなことに邁進すればいいんだってことに。
自分の人生を賭けて証明しようじゃないか。

自分の人生で実験しようじゃないか。
ということで、仕事を平成21年度いっぱいで辞めることをここに決断する。




私には、過去に、一日六〇本も吸っていたタバコをやめた成功体験がある。

その時は、人間は意志の力だけで自分をコントロールできるのだろうかと思い、「止める」と決めたその瞬間から止めることにチャレンジしたのだった。

自分はタバコを止めると決めたんだ。
後は、それに従って自分をコントロールすればいいだけだ。




吸う訳がない。

だって、自分の主人は自分だ。
その主人が吸わないと決めてるんだ。

結果は歴然だ。

かくて私は、それ以来二度とタバコは吸ってない。
41歳の11月1日に止めたから、もう6年前の話である。




その時はニコチンを体内に摂取して徐々に止めていくなんてことは邪道だと思った。
止めるのか止めないのかはっきりしろ。

他人に頼るんじゃない。
物に頼るんじゃない。

ただ自分の力だけで成し遂げろ。
正々堂々と己の意志だけでやりとげろ。
と、そう思った。




仕事を止めるのも、それと理屈は同じだろう。

失敗すれば、家族全員路頭に迷うっていうリスクの大きさだけが違うだけだろう。
やることは同じだ。

ただ決断して実行するのみだ。

まず辞めることを決める。
それから実行するんだ。




考えれば、私は四七年間遊び過ぎたって感じだろうか。
人生五〇年と言われた昔なら、ほぼ一生分を台無しにしたっていう感じだろうか。

でも、ようやく、自分の本当の人生を送る気持ちになったんだ。
本当に長かった。

思わず、長い間タバコを吸ってたこととダブってしまう。

私は意志薄弱で、惰性に任せて生きてきた。
ニコチンの力を借りてストレス発散させながら生きてきた。

でも、止めようと思えば止められた訳だ。
嫌な流れを断ち切れるのは、自分しか居ないんだから。







[158] 大人の夢(2) 投稿者:価値辞典 投稿日:2009/08/24(Mon) 00:27 [返信]


おとなは夢を見ちゃいけないのか?

私は47歳。
地方公務員23年目。

人は夢だけじゃ生きられないと、おとな達はいう。
人間は夢を見ずに我慢して生きるもんさと。

それじゃ俺がやってやる。
まずは不本意な現状を断ち切るために、ここに仕事を辞めることを決意する。
そして夢で食ってやると。

私にやることができたら、みんなついてきて。
夢を諦めずについてきて。




後先考えずに、まず今年度いっぱいで仕事を辞める。
それから、どうやって夢で食っていくかを考える。

養う者は、妻一人、子供二人(8歳と3歳)。
貯金は350万円。

借金ゼロ。
貰えるであろう退職金は目論見としては800万円。
とまあ、公務員らしく、堅実だが何の面白みもない財政状態。

でも、辞めた後の収入はゼロであると、ここはまったく子供じみた計画である。

これじゃー、仕事を辞めて三年後にはみんな路頭に迷うに違いない。
冒険は若者の特権か。

おとなになったら冒険は許されないのか。
みんな稼いでも稼いでも幸せにはなってない。
こんなに豊かになってるのにみんな幸せじゃない。




ふっ。
そんなの当たり前だ。

おとなはみんな我慢してる。
我慢してたら面白くないわな。

と、言ってる場合じゃない。
とにかく自分の持ってるものを急いで再点検しなきゃ。




さて、私には何がある。
私にあるのは、ご覧の程度のホームページの制作と、根気強く文章を書くこと。

私の文章に価値があるかどうかはみなさんの見方次第だけど、情熱だけは込めさせていただいてる。

生意気だけど、これを個性とは言わずに、才能だと言わせていただきて。
夢は自分の才能を生かして生きていくことにある。
でも、誰かの助けを借りないと飢え死にするのは必定だろう。




だから、ここで広く仕事をください、と呼びかけさせてください。
ホームページの作成のお仕事はございませんか。

ご覧のような手作りのホームページが特徴です。

単に難しい専用の言語をしらないだけなんだけど、それがかえって手作り感を醸し出し、ぬくもりがあって好感がもてます。

なぜかと言うと、それだけたっぷりと時間をかけて作るんです。




2年ほどの時間を頂ければ、グーグルのページランクを3に致します。
ちなみに私のホームページはランク4。

だから3にはできます。
また、言葉による最適化も致します。

それよりも何よりも、もっとも特徴的な点は、定期的にコラムを私が書いてホームページを運営いたします。

これはもう、他人には真似できません。
私の感性のすべてをかけて作成しますから。




巨細はメールにて相談させてください。
退路は断ちました。

いい仕事をさせていただきます。
分かった。助けてやろうと言われる方、ぜひ助けてください。

いや分かった。面白い。

ぜひ雇ってやろうと言われる奇特な方も大歓迎です。
こんな平たい所からのお願いですが、どうかよろしくお願いいたします。






[159] 大人の夢(3) 投稿者:価値辞典 投稿日:2009/08/26(Wed) 00:34 [返信]


私の現状はこうだ
頭を振りしぼって考えろ、おとな
どうせ、お前には考える頭しかないんだから


1.自分の持ってるものは何か
@自分らしい言葉を用いた文章を粘り強く作成し続ける気力
A夢に向かっていく勇気


2.では、自分の持ってるものは生かされているか
@生かされてない


3.じゃー、持っていないものは何か
@自由な時間


4.さて、これからどうする
@仕事を辞めて自由になる


5.そのリスクは
@収入がなくなる


6.ではその対策は
@自分の個性を世間に売り込む
いや愚直に自分の特性を訴えて助けてもらえ






[160] 大人の夢(4) 投稿者:価値辞典 投稿日:2009/08/28(Fri) 00:38 [返信]


今までは、何の違和感も不思議なことも感じなかった世界がある。
自分はみんなの役に立ってるという自負さえもあった。

知的好奇心を満たされる仕事の奥深さも、そこにはあって面白いと思ったこともある。

でも、それは好きなことかと質問されれば、いやそうじゃないとなる。
あなたのやりたかったことかと問われてもそうじゃない。
そんな疑問が頭を巡りだしたら、ますますもって気になって胸は高まり眠れない。




そう気づいて働いたら、仕事ってとてつもなく嫌いなことへと変身するんだ。
第一義的には、自らが選んだ道の筈なのに、やらされてる感さえ漂ってくる。

つらつら考えるに、自らの選択って言ったって、雇ってくれるところを選んだに過ぎない。

とりあえず、どうやって食いつないでいくかの選択に過ぎなかった。




でも、今は「何をやって生きたいか」という選択肢を持ってる。
何をやりたいかという意思がある。

熱意がある、情熱がある。
そこに飛び込んでいく勇気がある。

仲間と好きなことをやる。
これに勝るものはない。




さて、今のあなたは好きですか。
いきいきと働いてない自分がここにある。

そうだ。
いきいきと働いてない自分は好きじゃない。

夢を捨て不本意な現実を受け入れている自分。
そう、夢を捨てた自分は好きじゃない。




十九や二〇で夢を実現する奴なんて一握りだろう。
三〇にもなって夢を追う奴はバカ呼ばわりされるだろう。

人間界は夢を実現するものは一握りだってことになってる。
四〇や五〇で夢を追う奴はこの世には存在できないんだ。




だから、好きなことが何もないという人は日本工場のライン上に乗っかるしか道がない。

勉強を一所懸命に頑張れば一流の大学にいけるという。
一流大学にいけば大会社に就職できるという。

大会社へ就職できればお金をいっぱい稼げるという。
定年退職できれば年金も貰えるという。

人はこれを幸せな人生と定義した。
そうすれば、みんな幸せになれるからだ。




でも、勉強なんか何の役にも立ちゃしない。
幸せかどうかは、好きなことができるかどうかにかかってる。

そんなことを言う教師なんて居やしない。
親にしたって、とにかく安定した生活を送らせようとする。

安定してお金が入ること。
それは、すなわち幸せなんだってことを、世間は結託して決めたのだ。




だから、若い時じゃないと好きなことにはチャレンジはできないということになった。
でも、誰も好きなことにチャレンジしろとは教えないから、チャレンジする者はいない。

歳を取ると、結婚し、子供をつくり、家を持ち、住宅ローンを抱えて、要らないことを考える余裕はなくなる。

なのに、三五歳で決めろという。
人生を変えるなら三五歳までだと、人は言う。
もう人間界はむちゃくちゃだ。




じゃー、三五歳を過ぎて、自分の好きな道が見つかった人は、我慢するべきなのか。
いいや、ちがうよ、とも人は言う。

嫌な仕事を我慢しながら、好きなことにも時間を投入し、徐々にシフトしていくべきだと言う。

または、ちょっとずつ準備を行い、定年退職後に好きなことをすればいいと言う。




でも、何も見つからなかった人は我慢してね。
何もないんだから我慢もできるでしょ。

学校で我慢して勉強もしてきたんだ。
簡単なことでしょ。

現に会社でも我慢してるんだ。
どうってことないよね。




人生とは死ぬまでの間の膨大な暇潰し。
死ぬ時までは生きてるってことが人生のルールなんだ。

だから、定年退職後も我慢して生きてくださいね。
死んだ時点で、あなたの人生は終わるんだから。

もう少しだ。




でも、嫌いなことに膨大な時間と精力をつぎ込みながら好きな事への準備ができるのだろうか。

やる気がありゃできるだろうって言われ続けて、結果、やはりできてない。
気合いが足りないのだろうか。

いや、嫌いなことをしてればやる気も失せるってもんだ。
嫌いなことをしてお金を儲けてふやけてしまえば、気力は削られ、夢、成り難しなんだ。






[162] 大人の夢(5) 投稿者:価値辞典 投稿日:2009/08/31(Mon) 22:31 [返信]


人間の脳ってお金を見たら喜ぶんだって。

「かしこいねー、よくやったぞ」ってな具合で、頭をなでられて褒められた時のように反応するんだって。

で、死ぬまで褒め続けられたら幸せだよねーってことになって、考えられたのがお金をもらい続ける人生ってわけだろう。

人間のほとんどはこのテーゼに従って、一応は幸せな死を迎えるとなってる。




人間の脳はだまされやすい。

だから人間にはお金を与えておけ。
そうすりゃバカみたいに喜んでるからさ。

人間の脳は本当にだまされやすい。

というだましのテクニックの種を明かした者は、心穏やかにあらずだ。
なんだこの人を小馬鹿にしたようなからくりは、ってなことになってプンプンだ。




お金意外にも我らの脳は反応するんだ。
お金意外にも喜ぶものはいっぱいあるんだ。

ってことが分かってしまったその瞬間より、胸騒ぎがしてしょうがない。

こんなんじゃー夢遊病者のようにたださ迷ってるだけじゃないか。
これじゃー死ねないな。

ちっとも生きてる実感がしやしない。
という方々が、人間界のほんの一部に現れだした。

お金を与えられて喜ぶのはもううんざりだ。

これからはもうだまされない。
これからは好きなことをする。




そこで人生の軌道を修正することになる。
でも、何事も急には無理なんだ。

生活の保障もないのに、好きなことにも飛び込めない。

ましてや使い古した体には無理は禁物だ。
若かりし時には、寝る間を惜しんで好きなことにも時間がさけた。

3時間の睡眠で次の日の仕事にも堪えたもんだ。

若ければ、そうやって安定した収入を確保しながら、好きなことに傾斜していく方法もあるんだろう。

でも、もうそんな体力も気力もない。




だからお金を貯めた後に退職し、好きなことへととりかかるんだ。
でも、お金なんか急に貯めようたって、そうそううまく貯まるもんじゃない。

で、結局は、不本意ながらも、死ぬまでお金をもらい続けることとなる。
一生、脳をだまし続ける人生だ。




なるほど。

こんなんじゃー、人間の99%は好きなことなんてできっこない。
で、逆の発想の登場となるんだ。

お金がなくても仕事を辞めてしまおうというアンチテーゼ。
お金を捨てて好きなことに突入する。




お金がない普通の人間ができることはこれしかないだろう。
何の保障もない。

何の担保もない。
一切の逃げ道は、これない。

でも、好きなことをするために決断するしかない。
勇気をもってやり遂げろ。




今までのお金待ち思考は捨て去ってしまえ。
安定志向をぶっつぶしてしまえ。




Now or never




今やらないともうできない。

そう、今やらないともう二度とできないんだ。




私の夢は嫌なことを辞めること。
そして好きなことを始めること。

究極的な夢は好きな人と一緒に人生を送ること。






[168] 無題 投稿者:悟空 投稿日:2009/09/02(Wed) 11:08 [返信]


私の夢。
あと5年、この仕事を続けます。

私の会社は、水と油が、透明かつ完全に混ざる添加剤を開発しました。
開発期間10年、開発資金7億円。

幸いに、私の借金は8000万円です。
この製品を世に出し、謝金を返して一儲けしたら引退します。




その後は地元に変わった喫茶店でも出して、粋でわがままなオヤジを気取って余生を送りたい。

地元の兄弟や同級生や仲間を強制的に店に来させます。

もうひとつの夢は、中学校が一緒だった幼馴染・同級生(男4人・女3人)で市内のイベント御用達のバンドを作りたい。

趣味のホームページ・本を出したい。




大東亜戦争の真実(日本人が誇れる真実の歴史)を書いた本を出したい。
故・名越二荒之助さんと言いたいことは一緒です。

youtubeで、●「日本とパラオ」〜歴史を超えた友情〜 ●大東亜戦争の真実●大東亜戦争名言集などを見てください、すべて真実です。

私の世代が、きちんと後世に伝えなければ、歴史から消え去ってしまうという使命感からです。




もし遺産相続などで金が入ったら、宗教+宇宙+愛+人類をテーマにしたアニメ映画でも作りたい。

私の頭の中は、なんと子供じみた構造なのだろうって思います。
価値辞典さん、何か一緒にやりたいですね。






[返信]投稿者:価値辞典


人間の脳ってお金を見たら喜ぶんだって。

「かしこいねー、よくやったぞ」ってな具合で、頭をなでられて褒められた時のように反応するんだって。

で、死ぬまで褒め続けられたら幸せだよねーってことになって、考えられたのがお金をもらい続ける人生ってわけだろう。

人間のほとんどはこのテーゼに従って、一応は幸せな死を迎えるとなってる。




人間の脳はだまされやすい。
だから人間にはお金を与えておけ。
そうすりゃバカみたいに喜んでるからさ。

人間の脳は本当にだまされやすい。
というだましのテクニックの種を明かした者は、心穏やかにあらずだ。
なんだこの人を小馬鹿にしたようなからくりは、ってなことになってプンプンだ。




お金意外にも我らの脳は反応するんだ。
お金意外にも喜ぶものはいっぱいあるんだ。
ってことが分かってしまったその瞬間より、胸騒ぎがしてしょうがない。

こんなんじゃー夢遊病者のようにたださ迷ってるだけじゃないか。
これじゃー死ねないな。

ちっとも生きてる実感がしやしない。
という方々が、人間界のほんの一部に現れだした。

お金を与えられて喜ぶのはもううんざりだ。
これからはもうだまされない。
これからは好きなことをする。




そこで人生の軌道を修正することになる。
でも、何事も急には無理なんだ。
生活の保障もないのに、好きなことにも飛び込めない。

ましてや使い古した体には無理は禁物だ。
若かりし時には、寝る間を惜しんで好きなことにも時間がさけた。

3時間の睡眠で次の日の仕事にも堪えたもんだ。
若ければ、そうやって安定した収入を確保しながら、好きなことに傾斜していく方法もあるんだろう。

でも、もうそんな体力も気力もない。




だからお金を貯めた後に退職し、好きなことへととりかかるんだ。
でも、お金なんか急に貯めようたって、そうそううまく貯まるもんじゃない。

で、結局は、不本意ながらも、死ぬまでお金をもらい続けることとなる。
一生、脳をだまし続ける人生だ。




なるほど。
こんなんじゃー、人間の99%は好きなことなんてできっこない。
で、逆の発想の登場となるんだ。

お金がなくても仕事を辞めてしまおうというアンチテーゼ。
お金のテーゼを捨てて好きなことに突入する。




お金がない普通の人間ができることはこれしかないだろう。
何の保障もない。

何の担保もない。
一切の逃げ道は、これない。

でも、好きなことをするために決断するしかない。
勇気をもってやり遂げるしかない。




今までのお金待ち思考は捨て去ってしまえ。
安定志向をぶっつぶしてしまえ。




Now or never




今やらないともうできない。

そう、今やらないともう二度とできないんだ。




私の夢は嫌なことを辞めること。
そして好きなことを始めること。

究極的な夢は好きな人と一緒に人生を送ること。




>価値辞典さん、何か一緒にやりたいですね。

そうですね。
Now or neverですね。

私の父は52歳で他界した。
私もあと10年もないんだろう。

とそう思ってて、ちょうどいいんだろう。
たぶん。






[170] 無題 投稿者:悟空 投稿日:2009/09/09(Wed) 22:19 [返信]


価値辞典さん

私も、アクションを今年中に起こそうと思っています!
月末までに直メールします。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 地上の目標(8)

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「地上の目標(8)」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。