価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 15から25までが地獄だった!(1)

15から25までが地獄だった!(1)

15から25までが地獄だった!毎日、死にたいという気持ちと怒りで、生きています。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









15から25までが地獄だった!(1)


地獄だった!(1)


ある出来事に関しての掲示板でのやりとりを、読みやすいように整理してみました。


[173] 15から25までが地獄だった。 投稿者:お 投稿日:2009/09/23(Wed) 23:12 [返信]


15から25までの一番楽しい時期がありませんでした。
いま、死にたいです。当然就職模していません。

楽しい重いでも、将来への可能性も奪われ、25になりました。
吐き気が止まりません。
助けてください。






[返信]投稿者:価値辞典

状況をもっとお教えください。

何がしたくて、思い通りにならないから死にたいとか。
どのような地獄だったとか。

お返事する材料をもっと提供してください。
お願いします。






[174] Re:[173] 15から25までが地獄だった。 投稿者:お 投稿日:2009/09/24(Thu) 01:25 [返信]


> [返信]投稿者:価値辞典
> 状況をもっとお教えください。何がしたくて、思い通りにならないから死にたいとか。
> どのような地獄だったとか。お返事する材料をもっと提供してください。お願いします。

僕は、高校大学に行っていません。
楽しい重いでも、将来性もありません。

毎日、死にたいという気持ちと怒りで、生きています。
限界ているようです。
何がしたいか?




何もありません。15歳に戻りたいです。
どのように地獄だったか?

価値辞典さん、普通の一般の皆さんは、人権ってありますよね。
それがなかった。

皆さん、何もしてないのに、なにかされるという経験はありますか?
普通の10代といったら、住居と食べ物は、保障されていますよね。

皆さんとは、育った家庭が違うので、わからないかもしれませんね。
でも、アドバイスをいただけるとうれしいです。






[返信]投稿者:価値辞典


今は人権を侵害されていないのだろうということを前提としてアドバイスいたします。
過去に人権侵害をされていたからといって、今の自分を殺す必要はないように思います。

そりゃー、お前はどんなにひどかったかを知らないからだ、と言われてしまえば話はここで終わってしまいます。

学校時代なんて、私も楽しい思い出はありませんでした。
苦痛でした。

早くこんなところから脱出したいとも思ってました。




かといってそのことを理由に、今の自分を終わらせようとは発想いたしません。

今は学校のような箱には閉じ込められていないんだ。
何をするのも自由です。

また、己の将来性がないことをもって、現在の自分が死ぬ必要もないように思います。
別に、将来性のないポストに就いてるわけじゃない。

将来性のない会社に勤めてるわけでもない。
第一、そんなもの、単なるポストと会社に過ぎず、です。

現在地より未来にかけては、自分がこれからどのようにふるまうかで変わってきます。
そう思います。




そうじゃないんだ、自分の将来性がないんだ。
ってことなら、自分の将来は自分で切り拓くもの。

他人が勝手に、何もしないあなたの将来を切り拓いてくれるなんてことはあり得ません。

他人が切り開いてくれないことをもって、将来性がないというのは的はずれ。

何もしないと決めている自分の将来性がないと言われるのであれば、自分が何もしないのだからそれはそれで当たってるといえば当たってる。

と言いますか、何もしない自分の将来性がないという表現も適切でないように思います。




自分は何もしないのを欲してるんだから、答えも何もないを欲してると思ってしまうところですが、でも、それを将来性がないと、どうしても表現したいのですね。

それとも、高校、大学へ行ってないから将来性がないと言われているのでしょうか。
それなら、高校へ行ったらあなたの言われる将来性が出てきます。

なんだかんだ言っても、結局、私は何もしたいものがないんだ。
ただ15歳に戻りたいだけなんだ。
と言われるのでしょうか。




じゃー、15歳に戻ったらいかがでしょうか。

といっても、物理的に15歳に戻れるわけじゃないから、15歳のいいところを今現在に取り戻したらいいんじゃないでしょうか。

でも、他人が勝手には取り戻してはくれません。
自分で動いて取り戻す必要が最低限はあります。

でも、唯一、自分の欲してるものだから行動できますよね。
他人の望みじゃない。

自分の望みです。
叶えるのは自分しかいません。

さて、欲してる15歳の良さはいかようなものだったのでしょうか?

以上、アドバイスになりましたでしょうか。
いかがだったでしょうか?




私も漠然と子供時代に帰りたいと思うことがあります。
友達とは、ただ遊ぶということだけに特化して無邪気に楽しめたものです。

周囲も子供ということで何をするのも許してくれた。
一日中、遊びまわって本当に楽しかったものです。

でも、それは遊ぶという一点だけに関してだった。
実はその楽しさは、いろんな人の犠牲でなりたってたんだ。




社会は大目に見てくれました。
近所の人も温かく見守ってくれました。
多少の損害は、社会や近所の人が黙ってかぶってくれました。

とうぜん食事は誰かが用意してくれた。
勉強したり生活をする、もろもろのお金もそうでした。

自分は何も考えずに、ただ遊んでいただけです。
友達もそうだった。
ただ楽しむことだけを考えて生きていました。




今、そんな友達が欲しいかと言われればそうじゃない。
やっぱり、いろんな背景を思いやれる人じゃないと付き合ってはいけません。

自分は遊びたいだけだ。
後のことは何も知らない。
なんて人と遊びたいとは思いません。

結局、子供の私は何も知らないバカだったんでしょう。
友達も、同じく何も知らないバカでした。

子供時代に帰りたいとは思いつつも、でもそんなバカ同士で遊びたくはないとも思いつつ、です。




と、偉そうなことをいいつつも、後先を考えずに今年度で仕事を辞めようとしている私でした。






[175] Re:[174] 15から25までが地獄だった。 投稿者:お 投稿日:2009/09/24(Thu) 07:16 [返信]


> [返信]投稿者:価値辞典
>
> 今は人権を侵害されていないのだろうということを前提としてアドバイスいたします。
> 過去に人権侵害をされていたからといって、今の自分を殺す必要はないように思います。
> そりゃー、お前はどんなにひどかったかを知らないからだ、と言われてしまえば話はここで終わってしまい
> ます。・・・




返信ありがとうございます。寝たら、おきたときに、殺したい。
死にたいという感情が起こってくるので、寝ないようにしていますが、
最近寝ていなくても同じ感情がわくようになりました。

人間、寝ているときに、リセットされ新たな一日を迎えますよね。
そのリセットの答えが、死にたい。ということです。

これが、答えなのかなと、最近思います。
言われている、馬鹿なことをやった時期がないのが、ネックです。

言われるとおり、昔は、取り戻せません。
それはわかっています。




自分の人生自分で決められない。と検索していて、
こういうのを見つけました。運命に逆らうほど、ひどくなる。

僕の人生にぴったりの言葉です。
あのときに、自分の力ではどうにもならなかった。こと。

いまなら、事件を起こしてでも、どうにかするでしょう。
もう、こんな年ですか。

取り戻せない。答えが出せない。だから、ネットで聞いて回る。
みんな、アドバイスをしてくれている。
見透かせれていますね。

でも、その、行動ができないでいる。
何をいまさら、入ったってどうにでもなるもんでもないし。

僕弱いんです。友達からも、ないものねだりだねって言われたことがあります。
今頃になって、その意味がわかりました。妥協しながら、前に進んでいる人がいるのに、自分だけは、手に入れようとしている。




どうしても、恵まれている人に、目がいってしまう。
でも、これだけは、妥協できないものって、ありますよね。
それが、高校時代です。

憧れだった制服を見るたびに、本当に死にたくなって、涙が出てくるんです。
馬鹿でしょ?

僕は、10代のころ、周りの学生を見て、こいつら、親の金で、学校言っているのに、
なんで、勉強しないんだろうと考えていました。
けど、今は逆です。




親に、大学まで出してもらい、いい仕事についてから、返したほうが、効率がいいことに気がつきました。

若いうちは、遊んでおいたほうが得だということを。
当時は、うらやましくもありませんでしたが、いまは、猛烈に、うらやましいですね。
情けないことに。

何でなんでしょうかね。夢がなくなったからですかね。
大人から、子供に戻っている感じです。

また、的外れのことを書いているんでしょうが、自分でも自分が嫌いなため、よくわかりません。






[返信]投稿者:価値辞典


私は47歳。
妻と小さな子供二人。

貯金もないのに、今、仕事を辞めて好きなことで生きていかれるかどうかに挑戦しようとしています。

学校時代がうらやましいとか後ろを見ても仕方がないですね。
はるか何十年も前のこと。

人生長いんです。
人生の先輩から言わせていただければ、学生時代なんて、後の人生に何の関係もないと言えますね。

ましてや他人の高校時代がうらやましいと思ってもせんないことです。
これも先輩から言わせていただければ、うらやましいにはうらやましいだけの理由が見えないところにあるんです。




何もかも捨てて、お金のために寝る間も惜しんで働いたっていう事実が隠れていたりします。

そりゃーもう大変なもんです。
時には土下座したり、罵倒されたりなじられたり、大変な苦労をしてお金を稼いでいるもんです。

それを表面的にうらやんだら正確さを欠きます。




現に、やりたいことは自分が決断すればいいだけだったんだ。
っていうのを圧倒的な不利な条件の元で、私は実践しようとしています。

私なら。
死ぬんだったら。

仕事をやめるな。
いや、働いてないのか。
じゃー、働いてみるな。




私なら。
死ぬんだったら。

好きなことを初めてみるな。
何にもしてないんだから。

私なら。
死ぬんだったら。

時間は無限にあるんだ。
ブログを立ち上げてみるな。
自分の小さなコミュニティーを作ってみます。

私なら。
死ぬんだったら。
なんでも挑戦してみるな。

現に私は、死ぬんだったらじゃないけど、好きなことをはじめようとしています。




>自分でも自分が嫌いなため、よくわかりません。
好きか嫌いかで言えば。

嫌いなことをしている自分は嫌いです。
好きなことをしている自分は好きです。






[176] 無題 投稿者:悟空 投稿日:2009/09/24(Thu) 09:49 [返信]


人間、時間だけは取り戻せません。
私も、言葉の意味をこの年になって知る事になりました。

過去に自らが選択し、拒絶したものが、今「私の傍に有れば」私の人生は豊かであり、成功だった。

私も47であり、つい最近まで20の頃(27年前)の幻に苛まれていました。
私の場合は、私の欠陥を補って余りある美しく優しかった婚約者を、自ら拒絶したのです。




あれほど愛しあっていながら。
あんなに楽しい思い出ばかり作って、未来に行けばその思い出が辛くなると知っていたのに。

彼女の事で流した涙は、私の人生にないし、これからも無いだろう。

もちろん、時代や社会が別の要因となっていた部分もある。
私だって人間です、死にたいと思った事なんて「3回」あります。




でも、死のうと思ったことなどありません。
私も今、俗に言う【楽しくない人生】を私なりに生きています。

今、与えられているこの肉体・精神性・特技と経験・周囲の人間関係・私の夢と根性で、少しでも素晴らしい

未来を描ききることにある。
過去は変えられないから。




投稿者さん、死なずにいきましょう。
ネズミやスズメ、同じ命であろうとも、人間の命は、はるかに価値があると思いませんか?

せっかく人間に生まれたのだから、それを途中で放棄するなんて、他の命に申し訳ないです。

生まれた以上はきちんと苦しんで、きちんと大切なものを悟り、きちんと自分のあり方を見つけ出さなきゃ、

私は二度と人間に生まれることが出来なくなってしまうから。




何かを学ぶために生まれてきた…としたら、あなたは何を学ぶためだったと思いますか?

今の私は、こう思っています。
1)愛するものと生きると言う素晴らしさです。
2)見返りを求めず、誰か(子供の将来を願う親のよう)に無条件で尽くすと言う、愛です。

3)そして、根本的な何か(私の場合は愛)を失ってしまえば「幸せ」は、遠のくと言うことです。

4)これらを手にするには、時に自分を殺して、強く生きることも必要だと言うことです。
結局、屈託無く笑顔を振りまいて生きていれば、自分の周囲を明るくすることが出来るわけで、それには一人一人が、愛を感じ、満たされていればいい…私は、こう思うのです。




誰かの言葉でしたが…山にいるときは、山の姿はわからない。
          山から遠ざかって、はじめて山の姿がわかる。

私も山(愛)から遠ざかってはじめて、自分がいた山(愛)が判ったのです。

投稿者さん。
誰かを愛してみませんか?

愛すべき存在を探して見ませんか?
愛する人がいれば、その先にあるものが見えてきます。

愛する人がいれば、人間は強くなれます。
異性でも、仲間でも。




私は、一人の異性との愛を知り、失い、そして今は山から遠ざかって生きてきた道中でみつけた中に芽生えた「家族愛」に支えられて生きています。

自分じゃ支えているつもりだったのだけど、最近ようやく「支えられていた」事に気がつきました。

自分の人生の境遇や容姿に不満を言ったらキリがありません。
かくいう私も、両手に余るほどあります。




でも、世の中には、生まれながらにして両親に捨てられたりした人もいる。
さらには生まれながらに目が見えない人もいる。

命に関わる欠陥を五体に持ちながら、生まれてくる人もいる。
人格に関わる障害を脳に持ちながら、生まれてくる人もいる。

やっぱり私は、恵まれていると思う。
でも、これらの人々が「自殺」したという例を、私は知らない。

愛を求めて、強くいきませんか?

あなたはまだお若い。
どうとでもなります。






[177] 無題 投稿者:悟空 投稿日:2009/09/24(Thu) 09:59 [返信]


〜追伸〜
やっぱり私は、恵まれていると思う。
でも、これらの人々が「自殺」したという例を、私は知らない。

これらの人々は、満足な人よりも強く生きて、満足な人よりもはるかに立派に死んでゆく。

我々は、満足な分、これらの人々に「負けられない」のです。
生き抜かなきゃなりません。






[178] 無題 投稿者:お 投稿日:2009/09/24(Thu) 13:00 [返信]


あさ、幼稚園のお遊戯を見てきました。
こういうことを言うと、馬鹿だな。と思われるかもしれません。

レスしたいこともありますが、出かけていて、思いついたことを書かせ出ください。

僕は、当時、新学校に通う予定でした。
結局、通えませんでした。

かなり、ばかばかしいことを書きます。
新学校へ行き、いい大学に行き、一流企業に勤める。

そうすれば、仕事、恋愛、お金、そのほか、いろいろ、いい思いはできたんだと思います。




当時は、それが、くだらなくて、自分なりに、筋を通して生きてきたつもりです。
しかし、大人になれば、自分の選んだ、道が、人生において、損をしていることに築きました。

いくら、モラルを守ったところで、人には、評価されない。
人って、結局肩書きで人を判断するんだな。ということがわかりました。

昔は若かったので、自分を通すこともできましたが、今はできません。
それは、僕だけではなく、苦労している方々にも言えることです。

世間の評価基準と自分の評価基準が違うんだな。とおもいました。
苦労しても、したたかに生きている人間。親の金で、遊んでいる人間。
なんなんでしょうかね。




自分ももっと、他人に機を使わず、やりたいようにやればよかったと思いますよ。
若ければ。多少、迷惑かけても許されますからね。

卑屈になってしまいましたが、用は、自分らしく生きても、得をしないということです。
恋愛に関してもそうですね。スチュワーデスが、底辺職と付き合わないでしょ?

生きていてわかったのは、世の中、勝てばいいんです。
勝つものが正義になり、ルールを作るんです。

コメントしてくださった方、また、レスは別にするかもしれません。
コメントありがとうございました。






[返信]投稿者:価値辞典


人々は、逆立ちしても勝ち取れない階級社会というものを廃止しました。平等じゃ
ないから。

また人々は、金持ちが不平等だから、相続税を思いっきり重くして努力しない金持
ちを貧乏人にするシステムを考えつきました。

また、人々はみんなが公平に競争できるように学歴社会をつくりました。その誘因
として高学歴ほど高給取りとしたのです。

これはみんなが平等な証拠です。
だから、みんな若いときは、がむしゃらに勉強します。




また、そんな一方向に流れる社会に疑問を感じ、自らの独自性を発揮しようとする
者も現れます。

それが若きころのあなたです。
人生勝てばいいんです。

という結論なら勝てばいいんでしょうか。
あなたは、学歴社会の外で人生を送ってるのに、勝負しようとしている相手は学齢社会の中の人間です。

両者はルールが違います。




>生きていてわかったのは、世の中、勝てばいいんです。
>勝つものが正義になり、ルールを作るんです。

スチュワーデスをゲットすることを勝つことに挙げるなら、プロ野球選手を目指したりパイロットを目指せばいいんでしょうか。

思いっきりスポーツするか、専門学校行くか。
いや、パイロットってどうやってなるんでしょう。

養成する学校があるんでしょう。
たぶん。




また、お金の量で勝つんなら、学歴は関係ないですね。

勝てばいいというところには、他人と比較してでしか幸福度が測れない人間のさがのようなものを感じます。

誰かに自慢したい。
誰かを見返したい。

誰かにもてたい。
というのがあるように思います。




それって、思いっきり学歴社会システムに翻弄されていると思う。
学歴社会のシステムを作り出した人間たちの術中にすっぽりとはまってしまってるように思います。

そもそも、人間は独自で価値基準を獲得して、個性的な人生を送ることはできない。
人間は誰かが価値観を押し付けてあげないと、どのように生きていいかが分からない。

だから、さ迷わないように学歴社会を作ってやろう。
そうすることが、世の中の安定に寄与するだろう。

という、統治的観点から考えだされたものです。
国家による人間経営です。




それにまんまとはまってる。
バカな人間ならそれに乗っかってもいいでしょう。

そうするしか生きられません。
でも、あなたは若くして世の中のからくりを見抜き切った。

かく言う私もレールにちゃっかりと乗って思考を停止してきた口です。

あなたの競争相手は学歴社会システムのレールに乗っかってる誰かになります。
彼らを相手にするんなら自分も乗らなきゃ勝負できません。
スチュワーデスも手に入りません。




彼らと競争しない方法はありませんか。

でも、勝負を避けたら損してるように思うんですよね。
スチュワーデスとよろしくやってる人と比べて。

結局は愛する人を見つけるためにみんな苦労してるんだけど、そこまで悟るには恋愛をいくつかしないと分からないですか。
難しいところですね。




人間は経験しなければ分からない。
我らみたいな先輩がその果実を後輩に教えようとしても、人間て追体験しなければ確信しないんですよね。

だから、人間は愚かなことを繰り返して死んでいくんです。
また新たな命は、同じことを繰り返して愚かなことをする。
またその子孫も愚かなことを経験して始めて悟るんです。

じゃー今から思いっきり勉強しますか。
そんなのもう遅いですか。

じゃー思いっきり金を稼いだらもてるかな。
なびいてくる人間はレール上にいっぱいいるんじゃないかな。






[179] 無題 投稿者:悟空 投稿日:2009/09/24(Thu) 19:44 [返信]


新学校へ行き、いい大学に行き、一流企業に勤める。
そうすれば、仕事、恋愛、お金、そのほか、いろいろ、いい思いはできたんだと思います。

●でも、現実にはこのようなレールを歩いてきて後悔している方もたくさんいます。
途中で、自分の人生には虚飾ばかりで何も無いと気づく人々も現実には多いのです。




これらのことを追いかけていると、(その人の)人生にとって一番重要なことが見えなくなってしまうと言う事です。

私は、恋愛を成就させようかと言う頃に、その恋愛にショックを浮けたことから、忘れるため、仕事とお金を求めて生きてきましたが、ある程度の仕事をこなした頃、気が付きました。

終着駅が見えてきた頃、お金も仕事も、私を満たさなかったと気づくのです。
至上の恋愛を自ら失った私には、その恋愛こそが出発点であり、答えだった、全てだった、究極だったと言うことです。

どんな生き方を演じて見ようとも、虚しい限りであり、至上の愛を失って生きる私こそ、抜け殻と言えます。




当時は、それが、くだらなくて、自分なりに、筋を通して生きてきたつもりです。

●それで、良いんじゃないでしょうか。
世間体も気にせず1人で生きられるなら。

好きなことを求め、世の中の何かを否定し、自らの意思を貫くのも人生です。
武道や宗教での悟りを求めたり、自給自足の自然との対話、芸術や演劇、ボランティアにとことん打ち込む人もいますが、これも、素晴らしい人生だと思います。

でも、貴方が生活するうえでそれなりの収入を求めると言うなら、結婚して妻子を養ってゆくとなれば、筋は通せません。

人間として家庭を築いて生きるなら、くだらないと思えることでも消化していかねばなりません。




しかし、大人になれば、自分の選んだ、道が、人生において、損をしていることに築きました。

●利便さ、物質的満足の面では損ですね。
いくら、モラルを守ったところで、人には、評価されない。

●評価されなければならない世界に存在する人にのみ必要でしょう。
人って、結局肩書きで人を判断するんだな。ということがわかりました。

●人間自体、長く観察しなければ(会社にとって)判りません。
だから、書類で学歴社会での成績や所持資格から、判断するしかないのです。
残念なことですが人間性、性格、優しさなどは判断基準ではないからです。




昔は若かったので、自分を通すこともできましたが、今はできません。
それは、僕だけではなく、苦労している方々にも言えることです。

●そうですね。
私も貴方の気持ちがよく判ります。
若いって事は、時間がある事、生活を犠牲に出来ること、何より体力と精神力もある。

(年をとった方も、組織に於いては頭が固いですが、精神力や判断力技術力など素晴らしいものがあります)
でも・・・仕事など何らかの表現で社会における自分を形成しなくては成らないですね。




愛する人を見つけ、その人と暮らす毎日を目標とする・・・なんてのはどうでしょうか。
人は目標を置くことで色々なことを経験(頭に入る)します。

相手の期待に応えてみたいと思ったり、子供を育てる中で、自らが育てられていることに気づいたり。

貴方の終着点に、どんな感想が待っているか判りませんが、人間一人じゃ生きられないです。

学歴、趣味、親戚の家系、職業・・・結婚には色々と気にする方が多いですが、そもそも結婚なんて、『好きだからずっと一緒にいたい』ってくらい、本来は単純なものなんです。




人間は何度も生まれ変わってくるものだと思います。

最初、肉体を持つものとしてゴキブリになってただひたすら生きることを勉強し、→ネズミになって子を育てることを勉強し→小鳥になって群れることを勉強し→猫になって色々なものに興味を持つことを勉強し→犬になって人間との間に生じる愛を勉強し→猿になって猿の組織社会を勉強し、そして人間に生まれるというように、その肉体に入るに相応しい『魂』を勉強するために何度も生まれ変わりがある・・・なんていう風に、私は世界を描いています。




仏教徒では有りませんが、100%仏教概念です。

一度人間に生まれたら、下等動物に生まれ変わることは無いので、人間を卒業し、ひたすら仏を目指してゆくのだと。

こう思うことで、今の納得行かない現実と、悲しい後悔を、『これを学ぶために、これを魂に焼き付けるために生まれてきたのだ』と考えるようにしています。

私は、『好きだからずっと一緒にいたい』という事を、『愛する人の手を離してはいけない』という事を、絶望の後悔から学んだことになります。

だから、今の人生は、今の人生だと割り切って、どうせなら活性化して人生を生きて見ませんか?




世間の評価基準と自分の評価基準が違うんだな。とおもいました。

●かくいう私も、世間一般の方々とは価値観が違います。                                   
いいじゃないですか。人生の数だけ個性があるのですから。
まだお若い、白紙から人生。夢を描いてください。出来るだけたくさんの色を使って。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 15から25までが地獄だった!(1)

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「15から25までが地獄だった!(1)」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。