自分探し厨の深層心理てすと【価値観辞典】

個人情報氾濫させる嫌がらせをする心理

個人情報について個人情報保護法があるが人から人へ嫌がらせの心理、言葉はとめられない。

自分以外の周りをかためられ情報について勘ぐられたり、まねされたり、嫌がらせの心理作戦をねられたり。

題名 - 個人情報氾濫させる嫌がらせをする心理
嫌がらせの心理相談


個人情報の反乱による嫌がらせの心理構造について

今は個人情報保護法がありますが

人から人への言葉はとめられない・・・



っていうか

自分が不快に思う嫌がらせの心理情報とはなにか???



「知らせるべき人」と「そうではない人」がいる

自分以外の周りをかためられ



少しの情報について

勘ぐられたり、まねされたり(おちょくってるの???)

嫌がらせの心理作戦ねられたりと・・・・



奪われる???

脅されている???



直接的に言われず

間接的だと返答・回答もできなく

嫌な思いだけが残る嫌がらせの心理状態



本当に息苦しい思いをしています。

しかもほんのくだらない事までも。

勝手に自分の事を判断される

自由を奪われる



情報の恐ろしさ嫌が得汗の心理戦について

今はメールの普及により

氾濫している

出口のない箱の中にいるようです



解消するために、

本音がききたいです。

世の中こんなもんですかね

題名 - 個人情報氾濫させる嫌がらせをする心理
人の噂も七十五日


嫌がらせの心理?

焦点がどこなのか分からない文章なのでお答えに窮します。

他人は信用ならない、ということでしょうか。



陰口をたたかれて困っている嫌がらせで心理状態がピンチ、ということでしょうか。

だから、人間不信だと言われるのですね。



従来通りの陰口文化で言ってしまえば、「人の噂も七十五日、

何れ言わなくなる時が来る」というのが昔からの定説。



例え、これがネットであっても同じこと。

何れは、嫌がらせされた心理も癒される言われなくなるのです。



が、ネット上は、陰口なんてもんじゃないですね。

あっという間に、世界中に流布し、その記録も一生残ります。

そして、陰口をネット上に書かれるのを防ぐ手立てもない。

嫌がらせの心理のなせる罪が違う。そんな時は、こうするしかないですね。



無視。

それか、こうするしかないでしょう。

自前のマスコミをネット上に作ってしまうのです。

そこに掲げて、嫌がらせの心理に動揺せずひょうひょうとしていればいい。

前のページ < > 次のページ