自分探し厨の深層心理てすと【価値観辞典】

跡取り問題を解決する養子縁組方法

3姉妹の長女として生まれ、「お前は跡取りだ。」と言われ続けて育ちました。

跡取りのことは気になっていたけど、縁がなく、長男と結婚しました。

が、息子が二人生まれたので、どちらかを養子縁組にと。

題名 - 跡取り問題を解決する養子縁組の方法
理不尽


私は34歳、夫、息子二人の四人で暮らしています。

3姉妹の長女として生まれ、「お前は跡取りだ。」

と言われ続けて育ちました。



小さい時から、一番上だから?、

妹たちとは違い、とても厳しく育てられ、何かあると、



お姉ちゃんだからお前が悪い、

我慢しろと言われ続けてきました。



私の記憶する限りでは、父は怖く、

いつも父に気を使っていたし、母は妹ばっかりだったから、



甘えた記憶もないし、

逆に甘えたいと思ったこともありません。



成人してからは、早く家を出たくて仕方なかった。

養子縁組の方法や跡取りのことは気になっていたけど、

縁がなく、長男と結婚しました。



が、息子が二人生まれたので、

どちらかを養子縁組にと主人と話していました。



妹二人も県外の長男のところへ嫁に行き、

今は私が一番近くにいます。



ところが、両親は、

やっぱり妹がかわいいのでしょう。



私が上の子供を出産したあとも、

実家にまだ妹が住んでいたため、実母は、



妹がいるから帰ってくるなと言い、

里帰りしませんでした。



末の妹は、嫁に行ってからも

ちょくちょく長期里帰りしています。



私が二人目を妊娠中に入院しましたが、

私の予定日の一ヶ月後が末の妹の出産予定日で、



妹のところに行ってやらなければならないから、

あんたのために仕事は休めないと言われました。



また、真ん中の妹が妊娠中に入院しましたが、

その時は、実母は仕事をやめました。



孫にしても、妹の子供には、

べったり、あれ食べろこれ食べろと世話を焼きますが、

うちの息子には知らんぷり。



みんなで集まると、息子がかわいそうで、

盆正月も集まりたくありません。



自分が跡を取れなかったことに罪悪感を感じ、

息子の養子縁組の方法などと一生懸命考えているのに、



かたや、のほほんと好きなように生きている妹たちは

厚待遇、私が困っても助けてもくれない。



それでも、一番近くにいるので、

きっと面倒をみなければならないと思うと、理不尽で納得いきません。



今後、両親や妹と関わりたくないのですが、

私がおかしいですか?

題名 - 跡取り問題を解決する養子縁組の方法
養子縁組の方法


両親はひいきしすぎ、

また、妹も助けてあげればいいのに。



そんな人間味がない人とは

当然かかわりたくないと思う。



けど、養子縁組の方法などなど自分の思いを

両親や妹に一度話した方がいいのではないか。



と僕はおもいます。

題名 - 跡取り問題を解決する養子縁組の方法
ま*さん、ありがとうございます?


ま*さん、アドバイス、ありがとうございました。



ずいぶん前になりますが、一度、

養子縁組の方法など母に自分の気持ちを伝えたことがあります。



しかし、母は、子供を差別したことはないし、

あんたの被害妄想だと言って激怒し、

ちっとも聞く耳さえ持ってもらえませんでした。



妹たちも、私と話しているときは、

話しを合わせていますが、裏へ回れば母とヒソヒソです。



やっぱり、下の子は要領がいいのか、

私の気持ちは理解できないのでしょう。



そして、嫌な思いをたくさんしているのに、

頼ってこられると、突き放すことができず、

後で余計にストレスがたまる一方です。



利用されていると分かってはいるけれど、

冷たくできない自分にも腹が立ちます。

題名 - 跡取り問題を解決する養子縁組の方法
自信をもって


私も長女です。

下は弟ですが。。。

関わりたくないという気持ちもわかります。



あなたは、それでも頼られると

面倒みてしまうようなお姉さんなところありますよね。



自分が養子縁組の方法や

こんなに家族を思っていても、誰もわかってくれない。



頼る事さえできない。

むなしい気持ちが伝わってきます。



養子縁組の方法など知らぬ顔をして

私は結婚後、断絶状態になってしまっているほうですが、



気持ちの向け方の一つとして

「期待しないこと」だと思います。



多分ですが、ご両親・妹さんたちはあなたに甘えています。

あなたは大丈夫だと思い込んでるんじゃないでしょうか。



養子縁組の方法などは

一人目に生まれてきた者の宿命かと思いますが、

あなたの存在自体が家族にとってお姉さんなのでしょう。



頼るときは頼ってもいい、

許してくれる、お姉さんだから我慢できるはず・・



下の者は都合がいいのです。

ご両親だって3人平等なわけないじゃないですか。



一番ご両親のお近くにおられるようですが、なにかあったとき、

また妹さんたちはその面倒をあなたにおしつけるでしょう。



最終的には養子縁組の方法などの

皺寄せも来て「長女なんて損ばっかり!」となります。



こうした近い将来を想定して、関わりを絶つのでなく、

上に立って見下ろしてみればどうでしょう。



「好きにいってればいいのよ。どうせ、

最後に泣きつくのはそっちなんだから。」

てな感じで、距離をおいてつきあうのです。



それと頼ってきても断るときはきっぱりと断りましょう。

文句いえないはずです。



長女のオーラを発していれば、

親だって強く言えませんよ。



孤立する事を恐れていては

関わりを絶つ事なんて無理です。



あなたはあなたらしく、

周りに振り回されず堂々としていればいいと思いますよ。

題名 - 跡取り問題を解決する養子縁組の方法
養子縁組の方法


日本のそこらじゅうにある養子縁組の方法。

夫婦2人でひとりしか子供を生まないから。



結婚相手は長男と長女という

組み合わせが圧倒的であり。



また夫側、妻側のどちらか一方に跡取りがいないという

養子縁組の方法の悩みも大発生するのである。



だから頑張って息子2人を生んで1人をどちらか一方に

養子縁組するという跡取り問題の解決策を思い描くのだ。

前のページ < 一覧 > 次のページ