自分探し厨の深層心理てすと【価値観辞典】

そして新聞とニュースは無くなった

いいですか。こちらは、「誰にも何にも頼るな」と言っているのです。

まずは「自らの力で立て」と言っているのです。

題名 - そして新聞とニュースは無くなった
ニュースを見る必要は無くなった


ある相談。

時々、宗教のようですね、と言われることがあります。



どのように生きようが自由だが、人に頼るな、人の考え方に頼るな、

まずは、自分の考え方を確立しろ、自立しろ、自分を頼れ、と言っているのに誠に心外。



自分を頼って、自分ひとりで立って歩けと言っているのです。

いいですか。



宗教とは、或る考え方を「己の考え方としろ」ということ。

だから逆なんです、逆、言っていることが、まったくの逆です。



要するには、【人に頼れ】の、まったく逆を言ってる積もりなのですが、

自分の考え方がまったく無い人からすれば、自分に拠(よ)って立てという考え方自体、



そういう何らかの確固たる考え方を持つということ自体が、既に違和感を抱く対象なのでしょう。

自分に無いものは奇妙に映り、気色が悪く気味悪く、

とうてい理解できないということなのでしょう。




でも、それが何故、【宗教のような】になるのかはよく分かりませんが、

結局は、そう発言をした人の頭の中の話なのです。



よく分かりません。

マア、お互い様か、こんなこと、お互い何を考えているかはよく分かりませんよね。



いや、分かりませんじゃないな。

何も考えてないんだ。

だから、そんなことも平気で言えるんだ。




いいですか。

こちらは、「誰にも何にも頼るな」と言っているのです。



まずは「自らの力で立て」と言っているのです。

こんなスタンダードな考え方さえ否定されると言うのなら、



どうぞ、もう結構です、あなたは今までどおり、他人に頼って生きていけばいいのでしょう。

今までどおり、自分の人生の進路を他人に決めて貰えばいいでしょう。



今までどおり、己の人生行路の始点と終点及び過程も他人に決めて貰って、

結末などが気に入らない場合は、責任を他人に押し付けてしまえばいいのです。




打って変わって、他人に頼らずに生きて行くこと。

人は関係が無い、世の中の動きも関係が無い。



これなら、新聞を読む必要は無くなります。

ニュースを見る必要も無くなります。



でも、他人の考え方に頼っているあなたの場合は違います。

依然として、新聞を読む必要がありましょう。

引き続き、ニュースを見る必要もありましょう。



何故ですか、って?

それはね、それは、何につけ、あなたが何かに頼って生きて行こうとするからですよ。

だからね、あなたは、何かが刻々と移ろい行く様を刻々と捉える必要があるのです。



我らは、世の中に頼れば、世の中の動きに合わせて生きていかねばなりません。

お金に頼って生きて行けば、景気の動向や国家の政策、統計、マーケットのチェックに投資判断、

業界動向と企業動向、企業の決算と分析、などという具合に、様々なことを日々追い回さなければなりません。



新聞を見てください。

ニュースを見てください。



いったい何が書いてありますか?

そして、何を言ってますか?



よーく考えてみてください。

あなた自身のお金の問題が解決すれば、それらのほとんどは、見る価値も無いものばかりじゃありませんか。



新聞やニュースが、どーした、あーした、

などと言ってるものの殆どは、お金に関するものばかりです。



国会で法律がどーしたとか。

利息制限法が改正されたとか。



そんなもの、改正するならするで、勝手にやればいいってなもんなんでしょ。

こちとら、そんなもの、何十年も前から想定済みと来てるんだから。

今更、そんなチマチマとしたニュースなんか見る必要は無いんです。



はやりの新商品とか、時代のトレンドなんてものも、

やるべきことが何も無い、暇な人間が気にすればいいのです。

(と、飽く迄も強がって見せて、)想定済みの内容は以下のとおり。



まずは、自分が我が人生において何をすべきなのかをお決めください。

(簡単に言ってしまえば、自分の好きなものは何ですか。お探しください。)





探し当てれば、自ずと、そのライフスタイルにおける必要な金額が決まって来る筈です。

(例えば、畑を耕し自給自足の暮らしをするっていう人は、大したお金が必要ないってこと。)





必要なお金の額が決まれば、己の人生において、不必要なお金を不必要に追い回す必要は無くなり、

従って、お金にまつわるニュースも不用になります。





ニュースが不用になれば、世の中や他人のペースに合わすんじゃなくて、

自分のペースで生きられるようになります。





結局、世の中の種種雑多な動きは無視できるという寸法。

(でんと構えて、眼下のうごめきを肴に、酒でも飲めばいいでしょう。)



ライフスタイルを、独立独歩、誰にも頼らずに、自らに拠って立つと決めてしまえば、

次の段階には、自己責任に関する種種雑多なニュースが不必要となるのです。



誰が何処でどのようにして騙されたとか。

誰が何処でどのようにして殺されたとか。



誰が何処でどのようにして事故をしたとか。

などの、己の命は己で守ろうじゃないか的なニュースは、

毎日毎日繰り返し見てもしょうがありません。



我らは、そんなニュースは一度見れば十分なのです。

一度見ただけで、それらに対応した思考と体制を取れるのです。



マンションを買って騙されたとか、商品先物取引で騙されたとか、なんて泣き言は言わないのです。

そんなこと、騙される可能性を知った上での行動なのですから。



騙されたのなら、そんなことは忘れてしまって、余裕を持って確保していた資金にて、直ぐさま再出発なのです。

どうってことありません。



ねっ、こうして見れば今更、新聞を読むなんて必要はありませんよね。

ニュースを見るなんて必要もありませんよね。



森羅万象これ全て、もう既に想定済みなのです。

対応済みなのです。



お金、自己責任と来れば、次に来るのは、行楽情報や芸能界、スポーツ界の話題でしょうか。

さて、ここでひとつ注意事項です。



「人に頼らずに生きろ」と言いましたが、ここでの「人」とは、「他人」を指します。

「家族」には遠慮なく頼りませんか。



行楽などは、家族に大いに頼って大いに楽しみませんか。

それが家族ってもんです。



でも、行楽について今更、新聞やニュースに教えて貰う必要はありませんよね。

なぜなら、我らはとっくの昔に、自分流の楽しみ方を開発済みなのですから。



何年生きてると思ってるんですか。

芸能界やスポーツのニュースなんか、日々追い回す必要は無いのです。



適当な時に、適当な程度に、という具合に、

我らは、世間に振り回されずに自分流に楽しむことが出来るのです。



さて、他人に頼らずに生きて行く。

そうすれば、新聞を読む必要は無くなり、ニュースを見る必要は無くなった。

前のページ < > 次のページ