自分探し厨の深層心理てすと【価値観辞典】

人を見分ける方法・人を見破る方法

よくよく考えてみると、人との付き合いの上で、

信用を盗まれることほど悲しいことはありません。

題名 - 人を見分ける方法・人を見破る方法
人を見分ける方法


ある投稿。



人を見抜く法・人を見分ける法・人を見破る法パターン1 : 生理的思考者




人は、まず食べなければ生きていけません。

親元で訓練を積んだ子供は、やがて旅立ちの時を迎え、

自分ひとりで食べ物を確保するようになります。



この状態に置かれている人は、生理的欲求から、

食べるために就職する、または働くと答えるでしょう。



この場合、正社員である必要などは無く、フリーターで十分なのです。

「生きるため」

「お金儲けをして、食べて行かなければならない」



「生活のため」

「経済的に自立したい」



「精神的に自立したい」

「独立したい」



返ってくる答えは、食べるためと自立のための理由からのもの、

この際の自立とは自己価値を確立する意味ではなくて、ひとり立ち、親離れの自立です。

題名 - 人を見分ける方法・人を見破る方法
人を見破る方法


人の見抜き方・人の見分け方・人の見破り方パターン2 : 保身思考者




人は有る程度、腹が膨れると余裕が出てくるもので、

周りを見渡すことが可能となります。



そして、自分の置かれている状況が、

その日暮らしの大変不安定なものであることに気が付きます。



狩猟生活から農耕生活に移るがごとく、

フリーターから安定した正社員へと自らの身を守るために移行するのです。



「自分のため」

「暇だから働く」



「世間体のため」

「将来役に立つから」



自分だけ周囲から浮いた存在になると、

他者や世間からの攻撃を避けようとします。



また、現在または将来の自己防衛のための行動を取るようになります。

題名 - 人を見分ける方法・人を見破る方法
人を見分ける方法


人を見抜く方法・人を見分ける方法・人を見破る方法パターン3 : 比較思考者




安定した食べ物と居心地の良い場所が得られるようになると、益々余裕が出てきて、自分が生き長らえること以外に、

他人にも興味がわいてきて、他人と自分との関係を意識するようになります。



村を形成した農耕生活者が、他人や社会を意識し、社会参加を考えるように。

社会に置ける自分の役割、自分に置ける社会の存在を。



「みんな働いているから」

「社会の常識を身につけたい」



「社会に貢献したい」

「社会参加がしたい」

「社会に出て働いてみたい」



ブランド品を持つ感覚で一流企業に就職したい、と言う人も居るかもしれません。

一流大学をブランドと見るのは、採用する企業にも見受けられますよね。



ブランド品にはリスクが少ないと、判断しているのかもしれません。

このような答えの人は、他人との比較の上で自分の行動をすべて決めます。



自分のやりたいことは○○であって、

それをやった結果社会に貢献したい、とは決して思考しないのです。

題名 - 人を見分ける方法・人を見破る方法
人を見破る方法


人の見抜き方・人の見分け方・人の見破り方パターン4 : 自覚思考者




社会に参加してみると、いろんな人が居ること、

そして、それぞれ独特なものを持っていて、個性豊かなことに気付きます。



自然と自分と他人との違いを認識するようになり、

他人と違うものを求めたり、自分独自の考え方を持とうとします。



「自分をもっと高めたい」

「自分らしい仕事をしたい」



「好きな仕事がしたい」

「やりたいことをしたい」



自分の考え方が確立すれば、

素直にそれがしたい、そんな答えが返ってくるのです。

題名 - 人を見分ける方法・人を見破る方法
人を見破る方法


人を見抜く方法・人を見分ける方法・人を見破る方法パターン5 : 自立思考者




「次のステップで自分の可能性を試してみたい」

「自分の目標を達成したい」

「自己実現をしたい」



好きなことをしていると、更に自分の成し遂げたいことや自分の目指している終点が見えてきて、

その目標を達成したいなどの意思が込められた答えが返ってきます。



このように並べて書くと、あたかも人は等しく全員食べるために働くことに始まり、

自分のやりたいことを達成したくなるまで成長するかのようですね。



しかし、やがてみんなが自分のやりたいことをやり、目標達成のための行動をするようになるなんて有り得ない、

そんなことは皆さんが現に実感されているとおりなのです。



ご存知のとおり、就職しようとする同じ年齢の人々それぞれが違った段階の考え方を持っていて、

例えば、大学4年生であれば、今まで全然働いたことはないけれども、



生きるために就職したいという段階の人がいるかと思えば、その隣に、

自分の目標を実現するために就職するという人が居たり、



一生食べるために働いている人の傍に、

一生自分の目標を達成するために働くという人が居たりするのです。



経験をして発展する一連の流れとして存在しているのではなく、

どのように考えるかで、ある段階に所属する点として存在しているのです。



このようになっていることが分かれば、ひとこと「あなたは、何故就職するのですか」、

「あなたは、何故働くのですか」と問うことによって、

その人がどの段階の人であるのかが分かることになります。



生活のために働くと答えた人は、考え方の軸が「生活のため」ですから、

働いている仕事の内容には関心が無く、文字通り仕事を仕事として捉えています。



やがてぶつかる不条理や「やるせなさ」には

我慢するのが社会人として当たり前、との考え方の持ち主です。



こんな人に、「会社を辞めて独立したい」と相談しても、

「辞めろと言われていないのに何故辞める、止めとけ、失敗するのが落ちだ」

と言われるのが、それこそ落ちです。



みんな働いているからと答えた人は、他人との比較の上で考え方や行動を決定します。

みんなと徒党を組んで、同じような事をしているのが幸せなのです。



こんな人に、自分の成し遂げたい目標を語ったところで、

「私には夢や目標など無い、それでも十分幸せだ」と言われるのが落ちです。



これらは、仮に真面目に答えてくれたらの話です。

大抵は、「あいつおかしい」と陰口を叩かれ、異端視されることになります。



さて、どうするか。

問うて、どの思考段階にある人なのか、判別できた結果は、

果たしてこの人と付き合うべきか否かの選択の時の参考にしてください。



会話ではなく、行動から判断するのなら、「お金と本と傘を貸す人は愚か者である」との言い回しがありますが、

付き合いたい人かどうかを見極めるために、敢えてそれらを貸してみて返ってきた人のみ信用する、

なんてことも考えられます。



返ってこない代表のようなお金と本と傘、これらに限らず借りた物にルーズな人は、

何事においてもルーズ、極まれば返済能力以上の物を借りて自滅します。



お金儲けのうまい話を言葉巧みに話す強引な人は、

自らのお金儲けのために人を誘い込むことだけが目的、

そういう人には近付かないと決めつけることも可能です。



また、口先ばかりで行動が伴わない人、居ますよね、

こんな人と組んだ場合は、あなたはやる気をそがれることになるでしょう。



よくよく考えてみると、人との付き合いの上で、

信用を盗まれることほど悲しいことはありません。



出来れば、人を見抜く、人を見分ける、人を見破ることによって、

信じた人からは裏切られないようにしたいものです。

前のページ < > 次のページ