自分探し厨の深層心理てすと【価値観辞典】

出来る人間と出来ない人間に分かれ

これらのメモの仕方の違いによって、

勝者と敗者は分かれる、と言っているのです。

題名 - 出来る人間と出来ない人間に分かれ
出来る人間


ある投稿。



社会人であれば、メモ書き程度で済むものを、

記憶しようなんてこと、絶対に致しません。



本に書かれていることであって、

しかも、頭に入れる価値のないものだと思えるのものも、絶対に記憶しないのです。



しかし、学校では、真に生徒に必要で有るかどうかなんてこと、

問うたりはしません。



先生方は、決まったとおりの分量の知識を覚えさせること、

このことを妄信して、そのことに猛進するのに大忙しだったのです。



先生方が、「メモ有り記憶法」で作り出したものと言えば、

百科事典のような頭でっかちの人間に他ならなかったのです。



ただ、情報を頭に詰め込んだだけの、百科事典のような人間などという、

失礼な言い方は止めにして、膨大な量の情報を詰め込んだその労苦に報い、



そして、その行動をもっと高く評価してあげれば、

彼らは、情報と知識と知恵を獲得した勝者である、と言うことも出来ます。



良く言えば勝者、皮肉って言えば百科事典。

さて、彼らが獲得したものは、一体何であったか。



裸のままの何も加工されていないデータは、単に「情報」と呼び、

それらが関連して、一体的に纏まっているいるものを、「知識」と呼びます。



情報や知識を、どのような組み合わせで頭から取り出し、

そして、どのようにコーディネートするのかを、「知恵」と呼びます。



彼らが、獲得したものは、これらの「情報」や「知識」や「知恵」であり、

これらを獲得した人間を、世の中では、頭の良い人間、応用力の有る人間、

出来る人間、頭の切れる人間などと呼ぶのです。

題名 - 出来る人間と出来ない人間に分かれ
出来る人間


人によれば、できる人間は、

メモの仕方が違うと言います。



「情報」と「知識」と「知恵」を獲得した事実に加えて、

その獲得の過程にも、凡夫との差が出ると言うのです。



同じことをメモしても、

頭の切れる人間は、要所々、ポイント々を押さえている。



これらのメモの仕方の違いによって、

勝者と敗者は分かれる、と言っているのです。




メモの仕方で、出来る人間と出来ない人間に分かれる。

確かに、そう言う人も居ますが、本当にそうだろうか?



情報や知識、知恵やメモの仕方などのノウハウを獲得したところで、

それを何処で生かすのかが重要ではないのだろうか。



己の立つ位置を決め、そこで情報や知識、知恵やノウハウを駆使することが、

真のできる人間ではないのだろうか。



立つ位置さえ間違わなければ、情報や知識、知恵やノウハウは、頭に入っていようと、

紙に書かれていようと、どちらでも良いのではないだろうか。



本意ではない会社で、嫌いな仕事をするのに、情報や知識、知恵やノウハウが

大切などと言われたところで、そんなものどちらでも良いのではないだろうか。



そんなものを大事そうに言うのは、

大抵、自分の現在地さえ把握できていない人間、と決まったものなのですが。



本当に我々がしなければならないのは、情報や知識、

知恵やノウハウを獲得することなんかじゃなくて、



それらの土台となっている「ものの考え方」というものを、

頭に叩き込むべきことではないだろうか。



それが出来なければ、自分の好みとする会社も、

自分の遣りたい仕事も、決まらないというものです。

前のページ < > 次のページ