価値観の違い男女の本音-価値辞典-本音の検索 >> ひとり映画シネマレビュー!人気映画情報ランキング! >> ひとり映画シネマレビュー THE LAST MESSAGE 海猿

ひとり映画シネマレビュー THE LAST MESSAGE 海猿

「THE LAST MESSAGE 海猿」は、佐藤 秀峰(さとう しゅうほう)さん1973年生まれ北海道出身の漫画を映画化したものである。そして日本映画初の3Dである。手に汗握る緊張感と鬼気迫る臨場感に圧倒されっぱなしの私はついに3Dメガネを外してしまった。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいならトップページへもっと価値辞典を!



THELASTMESSAGE海猿関連悩みランキング
--------------------

⇒ 仕事を辞めたい (T_T)

⇒ 結婚したいよ (ToT)/


ひとり映画シネマレビュー THE LAST MESSAGE 海猿

2010年9月18日からほぼ1カ月後の2010年10月14日(木)鑑賞

THE LAST MESSAGE 海猿



映画 THE LAST MESSAGE 海猿(うみざる)を観ました。

もっと早く観たかったけど、いつ行っても「THE LAST MESSAGE 海猿(うみざる)」だけは行列が凄かったためにスルーして他のを観てきたのである。

売れてるなー。
実際、興行収入は凄いことになっているらしい。



「THE LAST MESSAGE 海猿」は、佐藤秀峰(さとう しゅうほう)さん1973年生まれ北海道出身の漫画を映画化したものである。

そして日本映画初の3Dである。

うっ。
なんという壮大な設定だ。
3Dで観ると酔っちまいそうだぜ。
と思っていたら本当に酔ってしまったではないか。

スケールの大きさが画面いっぱいになって立体的に揺れまくる。
パニックと展開の早さとハラハラドキドキ感の連続。

手に汗握る緊張感と鬼気迫る臨場感に圧倒されっぱなしの私はついに3Dメガネを外してしまった。



いや完全に目が回ってしまった。
しまった。

これはやばい。
最後までもつかな。

ちょっと冷や汗も出てきたし。
と、やばい雰囲気になってきた。

あまり迫力のある映画を3Dにするのも考え物である。
みんな目が回らないのかな。
私はちょっと3D恐怖症になりつつあるような気がするよ。

とにもかくにもさつじん的な迫力満点映画であった。



しかし、最近の日本映画の元気のありようはどうなっているのだろうか。
みんな元気があってよろしい。

そりゃ内容は、良かったり悪かったりもするんだけど、これだけ多くの創造者がいるっていうだけでもいいじゃないか。

彼らは単なる指示待ち型の人間じゃなくて、自立創造型人間っていうこと自体がとてもすばらしいことである。

そして彼らは、幸せは人から与えられるものじゃなくて自らが創り出すものなんだということが分かってる人間なのである。

そんな人間が日本で元気に夢に向かって自己実現している。
それもこんなにも大勢の人たちが。



日本も捨てたもんじゃない。
人間やろうと思えばやれるんだ。
ということなんだろう。

彼らはみんな夢で食ってるんだ。
(食えてないのかもしれないが、実際、夢を見ながらなんとかなってるのだ)
なんてすばらしい国だろうか。

日本という国は何をやるのも自由。
どんどん自由に創造してみろって、っていう国なのである。
なんだかんだ、あるけど、結局はそういうことになる。



THE LAST MESSAGE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]




キャスト

仙崎大輔(せんざきだいすけ)役の伊藤英明(いとうひであき)さん1975年生まれ岐阜県出身。もはや説明要らず。


大輔の妻である伊沢環菜役の加藤あい(かとう あい)さん1982年生まれ愛知県出身。いろいろ出てるけどドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の渋沢ヒカル役かな。


大輔の後輩である吉岡哲也役は、佐藤隆太(さとう りゅうた)さん1980年生まれ東京都出身。

この方は、テレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」森マサ役か、「ROOKIES」の川藤幸一役だろうか。


桜木浩一郎役には、加藤雅也(かとう まさや)さん1963年生まれ奈良県出身。
へーーー奈良県出身なんだ。

ふーーーん、それにしても、歳をとったなー、と思ったけど私よりひとつ下である。
じゃー一般庶民の私はもっともっと老けているに違いない。
最近、テレビ、新聞をぜんぜん見てないし、そうだ鏡も見てないよなー。


服部拓也役は、三浦翔平(みうら しょうへい)さん1988年生まれ東京都出身。
2007年の第20回ジュノンスーパーボーイコンテストにおいて「フォトジェニック賞」と「理想の恋人賞」を受賞しているらしい。

だけどぜんぜん存じ上げません。
無知な私ですみません。


木嶋久米夫役は、濱田岳(はまだ がく)さん1988年生まれ東京都出身。
彼の場合はこれだろう。

テレビドラマ「プロポーズ大作戦」の鶴見尚役。
ひょうきんな演技は今回も共通していた。


下川ー役は、時任三郎(ときとう さぶろう)さん1958年生まれ東京都大阪府出身。

なんと言ってもテレビドラマ「ふぞろいの林檎たち」の岩田健一役であろう。
当時は時任さんも青春してたなー。


吉森久貴役は、鶴見辰吾(つるみ しんご)さん1964年生まれ東京都出身。
もんくなくテレビドラマ「3年B組金八先生}の宮沢保役であろう。

杉田かおるさん演じる中学生をはらませる役だったよ。
日本中に激震が走ったよ。


北尾勇役は、石黒賢(いしぐろ けん)さん1966年生まれ東京都出身。
テレビドラマ「青が散る」の椎名燎平役が印象に残ってるよ。
「青が散る」でデビュー即主演だったんですね。






LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション [DVD]




海猿 スタンダード・エディション [DVD]




ひとり映画シネマレビューTHE LAST MESSAGE 海猿関連 ひとり映画シネマレビューTHE LAST MESSAGE 海猿関連


ひとり映画シネマレビュー SP THE MOTION PICTURE 野望篇





















価値観の違い男女の本音-価値辞典-本音の検索  >> ひとり映画シネマレビュー!人気映画情報ランキング! >> ひとり映画シネマレビュー THE LAST MESSAGE 海猿

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「ひとり映画シネマレビュー THE LAST MESSAGE 海猿」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。