価値観の違い男女の本音-価値辞典-本音の検索 >> ひとり映画シネマレビュー!人気映画情報ランキング! >> ひとり映画シネマレビュー きな子〜見習い警察犬の物語〜

ひとり映画シネマレビュー きな子〜見習い警察犬の物語〜

映画きな子〜見習い警察犬の物語〜。見習い訓練士の川西智紗さんとともに何度失敗してもめげずに頑張る姿が次第に共感を呼び日本中の人気者となり今回映画にもなったラブラドール・リトリーバーのきな子。久しぶりに声を出して笑った。久しぶりに涙を出した。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいならトップページへもっと価値辞典を!



きな子〜見習い警察犬の物語〜関連悩みランキング
--------------------

⇒ 仕事を辞めたい (T_T)

⇒ 結婚したいよ (ToT)/

ひとり映画シネマレビューきな子〜見習い警察犬の物語〜

2010年8月17日(火)鑑賞


映画「きな子〜見習い警察犬の物語〜」を観た。
久しぶりに声を出して笑ったよ。
そして久しぶりに涙を流して泣いた。


観たい映画を観つくしたのでとうとうこんな映画にも手を出してしまった。
子供騙しで文部科学省選定映画のような良い子ちゃん向けの映画を。
(ググったら文部科学省選定映画ではないようだが・・・)


きな子〜見習い警察犬の物語〜



観る映画がなくなったので、まあ、期待せずに観てみるか。
クーラーのきいた映画館でしばし涼めればそれでいいかというような本当に軽い気持ちであった。

ところは四国香川県丸亀市。
風光明媚なこの場所に日本一有名な見習い警察犬「きな子」がいるんだって。
って、映画を観るまで、私はこのきな子の存在を知らなかったのだ。

これもまたググったらきな子は警察犬試験に6回挑戦しいずれも不合格なんだとか。
それから、2005年の訓練会では障害物を越えられず顔面着地したとか。

おっ、これか。
顔面着地。
本当にあったのか。

犬の顔面着地、実に見事であった。
というか、物凄く衝撃的でもあった。

当然、みんな声を出して笑っていたよ。
私も含めてさ。



私はその後何度も声を出して笑ってしまった。
そればかりか、涙を流して泣きもした。
そして観終わった後は、ほんとうに清清しい気持ちになれたよ。

50手前のおっさんではあるものの、自分はまだ汚い大人の世界には染まりきっていない。

まだ純粋で清らかな心も残ってる、っていう証明ができたような気がしたよ。
ほんとうにいい映画だった。



こんな物語に泣けるなんて、どうやら幼少の頃みたいな、かけ引きのない、感動する心を取り戻しつつあるのだろう、とそう思えたりもした。

みなさんも試しに、リトマス試験紙代わりにこの映画を観るといい。

これを観て何の感動も得られなかった場合は、金のために会社に魂を売り、心の汚い守銭奴になったと、あなたのことを証明してくれるはずである。



香川県の屋島のように、侵食された山でテーブル状の台地をメサと言う。
それよりさらに浸食が進み孤立丘となったものはビュートと呼ぶ。

見習い警察犬の背後に、そのビュート飯野山(いいのやま)が美しく映し出されているのである。

ああ美しい。
素直な感嘆の内なる声である。

飯野山は香川県の丸亀市と坂出市の境に位置する山。
別名を讃岐富士ともいう。



見習い訓練士の川西智紗さんとともに、何度失敗してもめげずに頑張る姿が次第に共感を呼び、日本中の人気者となり今回映画にもなったラブラドール・リトリーバーのきな子。

主題は、何度失敗してもチャレンジする心であり、夢を諦めない心であり、犬と人間の絆であろうか。



きな子~見習い警察犬の物語~ [DVD]




監督は、小林義則さん。
見習い訓練士・望月杏子役に女優の夏帆さん。
訓練所の所長役には、寺脇康文さん。

主題歌は、Metisの「only one〜逢いたくて〜」。
Metisはメティスと読むとか。
女性レゲエシンガーソングライターであるようだ。
って、ことは今回初めて知ったのです。
1984年生まれか。
まだまだお若い。



知らなかったということで言えば、こういうことも私は知らなかった。
嘱託警察犬制度というものである。

映画では民間人の訓練士が事件に際し出動する場面が描かれている。
えっ、うそっー。
民間人が捜査に参加するんだ。
ほんとかなー。



社団法人日本警察犬協会っていうのがあるようだ。
知るよしもないが、警察官僚が当然に天下りしているのだろう、きっと。

いや、嘱託警察犬制度の話であった。



犯罪捜査で警察犬が活躍している場面はドラマやニュースなどでよく見るところだ。

これらの警察犬には、各都道府県警察が飼育管理し訓練をしているのと、一般の人が飼育管理し訓練をしているのとがあるようである。

前者を直轄警察犬と言い、後者を嘱託警察犬と言うらしい。

そして嘱託警察犬は、各道府県警察が毎年、審査会を行い、嘱託する警察犬を選考し指定するらしい。

うん、きな子の映画のとおりである。



これらの嘱託警察犬は、警察からの要請で出動する。
だから指導手は犬ともにいつでも事件現場に出動できる体制をしいているようである。

社団法人日本警察犬協会は年1回全国の嘱託警察犬だけが出場する全日本嘱託警察犬競技大会を実施しているようである。

科目「足跡追及」と「臭気選別」の2つである。






きな子がいく




ひとり映画シネマレビューきな子〜見習い警察犬の物語〜関連 ひとり映画シネマレビューきな子〜見習い警察犬の物語〜関連


ひとり映画シネマレビュー RAILWAYS49歳で電車の運転士になった男の物語





















価値観の違い男女の本音-価値辞典-本音の検索  >> ひとり映画シネマレビュー!人気映画情報ランキング! >> ひとり映画シネマレビュー きな子〜見習い警察犬の物語〜

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「ひとり映画シネマレビュー きな子〜見習い警察犬の物語〜」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。