価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 嘘つき!うそつき!やるやる星人よ!やるやる星へ帰れ!

嘘つき!うそつき!やるやる星人よ!やるやる星へ帰れ!

嘘つき!うそつき!やるやる星人よ!やるやる星へ帰れ!ここは、日本じゃないのか。ここには、日本の法律は通用しないのか。ここには、日本語の教育は行き届いていないのか。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









嘘つき!うそつき!やるやる星人よ!やるやる星へ帰れ!


嘘つき!うそつき!
やるやる星人よ!
やるやる星へ帰れ!


ある日のこと、ずっとずっと南の方の、すっごく田舎もいいところ、いや、風光明媚でいいところだ。

車で 行くしか方法がない、そんなところに、生のマグロを食べさせるという店がある。

その店の前の港には、4隻のマグロ船が停泊すると言うから、まっ、生っていう話もうなずけるところだ。




物置のような風貌の店の前には、御飯が炊けるのを待つ客が5〜6人たむろしていた。
まだ昼の1時前だというのに、めし切れとは、前代未聞の客待たせだ。

今日は、せっかく来たけどありつけそうにない。
と、諦めていたその時に、たむろっていた客達が居なくなっていることに気がづいた。

じゃー私も、みんなと一緒に店に吸い込まれてみよう。




店内は、テーブル3つに椅子が20席ほど。
一瞬、すべて埋ってるかと見えたが、隅っこのカウンター席が空いている。

メニューは、マグロコロッケ定食、まぐろ刺身定食、ネギトロ定食、マグロカレー・・・。
でも私は、入る前から「マグロ丼」と決めている。

隣のカウンター2席も程無く埋まり、これで正真正銘に、満席となった。




目前の王将の駒の木彫りには、アクセントとして蝿取り蜘蛛が飾られてる。

極小蝿を追いかけて、360度回転を何度も何度も繰り返し、只今狩りに専念中のようである。

失敗ジャンプにつき画面から飛び出てきたらどうしよう、と少しドキドキ。




入店時、店員がこちらに一瞥をくれたようだったが、5分経っても水が出てこない。
しかたない、面倒この上ないが、厨房にまで出張(でば)って、マグロ丼を注文する。

店員は3名ほど。
遅い訳だ。
注文を受けてからマグロを切ってる。

催促に応じた店員は、ようやく水を持って寄こした。
そこで初めて隣のカップルにも気付いたようで、ついでに注文を取った。

マグロ丼の「大」と「普通」、とカップル。
店員はペンでメモるが、繰り返しはしなかった。




一番奥のテーブル客が、ビールとつまみと、ようやく出てきたマグロ丼にありついたようだ。

隣のカップルの後ろのテーブルでは、サーファーらしき野郎2名と、家族客へと入れ替わる。

サーファーはビール2本と刺身定食2つ。




家族客の、運転手らしきお父さんは、ビールとマグロ定食。
お母さんはマグロ丼に、子供はマグロコロッケ定食。

私の後ろのテーブルは、ビールにマグロ丼・・・かな?
そんなの、どうだか知らないが、いったいどれだけ待たせればいいんだ。

ゆうに15分は過ぎた。
なのに、何の音沙汰もない。




待つこと20分。

なんと、我らカウンター席を差し置いて、サーファー野郎に刺身定食が出てきた。
ま、ここで怒鳴ったら、みんなの飯がまずくなるか。

ひとまずは、ぐっとこらえた。

と、そのテーブルの家族の方にも、刺身定食とコロッケ定食が振る舞われだした。
店員は、きびすを返し、有ろうことか、隣のカップルに注文を再確認してる。




「注文なんでしたっけ」

えっ!

「マグロ丼の大と普通ですけど」

・・・

「えっ、マジかよ」
「今から作るのかよ」

と、小さく男は愚痴る。




ここは流行ってるんじゃないんだ。
客の注文に応じきれていないんだ。




なんだかんだと、待つこと40分。

次に順番を抜かれたら、暴れてやろうか、いや、帰ってやろうか、いや、どうしてくれよう、と出来もしないことをあれこれ妄想していたら、待望のマグロ丼はやって来た。

・・・

ただただ、ひたすらに食(く)った。




・・・

隣のカップルにも、ようやく待望のマグロ丼が来た様子だ。
いや、マグロ丼小と、ネギトロ丼大がやって来た。

これは事故だ。
再確認したにも拘わらず、注文が間違ってる。

男は注文が違うと主張した。
でも女は、「私はこれでいいわ」と食べだした。

でもその器の小さいこと。
マグロが4切れしか載ってない。

男の所望はそれから5分後に無事叶えられ、8切れ入りのマグロ丼をゲットした。




私はと言うと、飯を残し、早々に店を後にした。
後ろの方では、また誰かが注文を再確認されているようである。




どんなに最高の素材でも、まずい。




いや、そんな話はどうでもいい。




ここは、車以外ではアクセスできない辺境の地。
でもここでは、みんなが平気でビールを飲み、店側も平気でビールを出す。

ここは、日本じゃないのか。
ここは、日本の法律は適用されないのか。

ここには、日本語の教育は行き届いていないのか。
ここは、おかみの目も届かないところなのか。




「飲んだら乗らない」っていう意味は、やはり、この地でも、酒を飲んだら車に乗らないってことでいいんだろう。

「乗る人には売らない」は、この地でも、車に乗る人には酒を売らないってことでいいんだろう。

そういう日本語の意味を知ってか知らずか、この地では、車に乗るけど酒を飲み、車に乗る客だけど酒を売る。




帰路、スーパーで買い物をした。
オレンジジュースとデザート。

外に出ると、知らないおっちゃんが、これまた知らないおっちゃんを怒ってる。

「金を払えよ」

・・・




何だろうか、と、スルーした。

ジュースを買ったら、金を払えよ。
と、おっちゃんが、おっちゃんに怒ってる。

言われてる、おっちゃんは、知らんぷりで店先をうろうろしてる。
えっ、店先のジュースを堂々と盗もうとしてるのか。




家に帰って、甘い物に舌鼓。
テレビでは政治家が、いつものとおり、できもしないことを口走ってる。

あなたは「必ずやります」、「約束は守ります」、「もうしません」と、いつも言うけど。
あなたですよ、あなたです。

政治家よ、官僚もそうだ、あなたもそうだ。




あなた方は、日本語でした約束は守らないくせして、何の必要もない英語なんかをしゃべったりする。

日本語でも、英語でも、約束を守るという意味は、約束を守るという意味なんだよ。

なのに、そんな日本語の意味さえも実現できないでいるくせに、格好つけて英語なんかをしゃべってる。




英語の言葉の意味を分かってって、しゃべってるのかねー。

日本語の意味さえ実行できないでいるあなたに、英語なんか贅沢だ。
あなたは、ただ、日本語の意味するところの、約束を守りさえすればいいんだ。

格好つけたって、裸だよ、あんた。




あなたは、小学校で習った日本語の意味を確実に実行に移しなさい。
頼むから、英語なんかは口にするんじゃない。

むなしすぎる。
空虚すぎる。

あなたは、ただただ、ひたすらに、言ったことを守れ。
小学生でも出来てることだ。




酒は飲まない、は、酒を飲まないという意味だ。
ただ、それだけを守れ。

買ったらお金を払う。
ただただ、それだけを守れ。




政治家よ。
言ったことは必ず守れ。

難しい知識や言葉は必要ない。
だた、自分で言ったことを守りさえすればいいんだ。

あなたは、それだけをやれ。




官僚よ。
言ったことは守れ。

なぜ言った言葉のとおり、実行しないんだ。
あんた、それでも日本語、知ってるのか。

学校で日本語を習ってきたのか。
それとも、あんたバカかい。




「私は頭がいい」だって、聞いてあきれるぜ。
本当に頭がいい人は、自分で言った言葉の意味を知ってるもんだ。

約束を守らないあんたは、間違いなくバカだ。
あんたのようなバカ、見たことがない。

空虚すぎる。
滑稽すぎる。




やるやる星人よ!やるやる星へ帰れ!
そしてもう一度、「やる」という日本語の意味を習え。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 嘘つき!うそつき!やるやる星人よ!やるやる星へ帰れ!

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「嘘つき!うそつき!やるやる星人よ!やるやる星へ帰れ!」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。