価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 地上の目標(3)

地上の目標(3)

ひとりの愛する妻を得て、私の地上の目標は達成された。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









地上の目標(3)


地上の目標(3)


ある出来事に関しての掲示板でのやりとりを、読みやすいように整理してみました。


[91]Re:[88]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/18(Mon)17:23


>●人間=魂+肉体というのは本当のようです。

それは、見方の一つに過ぎません。
でも、多くの人は、それで納得する様なので、それでも良いです。


>それゆえに魂(心)は過去も未来も瞬時にして移動する事ができる。

存在しないものを想定すれば、好きなものを好きな場所におくことが出来ます。
例えば、私がその気になれば、存在しない死神をあなたの真後ろに立たせることも可能です。

#これが「呪い」と云う物です




>でもそんな程度で今れてきた意味なんて、答えなんか出せない。
これを求めると、道は一気に険しくなります。万人には要求したくないです。


>自分とは何かを追い求めた結果、見えてくるのは宇宙や魂の真理・実相なのだと私は何の疑いもなく、いまは信じる事が出来ます。

残念ながら、理性を保ったまま辿り着いた所は、まだ真理でありません。
真理を求める過程には、無数の自我を崩壊させる罠が仕掛けてあり、その道は無間地獄そのものです。そして、その奥に神が潜んでいます。




>情報量がどんなにあったって、生身の動く人間には、そんなもの封印されてアクセスする事すら許されないから、方法がないのだろうから、考えて比較しても意味がない事になる。

生身の肉体の持つ情報量を過小評価してはいけません。
正味、体重分の情報を持っているのです。

1bitの情報はエントロピーという概念を通じて、エネルギーに換算できます。
エネルギーの単位は、グラムでも表現できます。勿論、電力換算だと、途方も無い数値です。




>ヘーゲルさんは、【地上の目的は愛する人と暮らしてゆくこと】を目的と悟ったんでしょう。

これは、完全な勘違いです。
ヘーゲルの思想はもっと巧緻で難解です。

ただ、「分かりやすい言葉」で表現することも行いました。それがあの言葉です。
この点が、個人的に偉大だと思ってます。




>現状を変化させる何か良い方法とは・・・、難しく考えずにいろんなモノ・人や心に触れてみる事が良いと思います。

ええ、私もそう思ってます。そう出来てない人が多いことが悩みなんです。
全然人事を尽くしてないのに、天命だけ待ってる人が多すぎます。


>むしろ出来ない環境が多いのだと思います。
なら、環境を変えて行く必要がありまよね。






[92]Re:[90]追伸です。投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/18(Mon)18:01


>霊能者は、彼女の名前(旧姓)をいい、私の誕生日と名前を伝えただけで、二人の写
真を見せ、その3分後、彼女の誕生日と私の誕生日が一緒だと言い当てました。
「コールドリーディング」と「ホットリーディング」について、調べてみては如何?


>私は、昨年、上海で【生まれて初めての金縛り】に会いました。
>遣明使の一行が、室町時代後期に上陸したところは・・・上海でした。

船での中国の出入り口は、今も昔も上海です。貨物輸送は未だに船が主力です。
微妙な時差に、微妙な違いのある環境で眠れば、金縛りぐらい起きても不思議じゃないですね。




>この霊能者の言う事、私は信用できます。

なら、とことん信用すれば良いです。大抵の悩みは一発で吹き飛ぶ筈です。
有能な霊能者は、有能なアドバイザーでもあるのです。

でも、大抵の霊能者は、立場が不安定で、さっくり廃業したりします。
その時は、誰に頼れば良いんでしょうね?




>いままで、私は死後の世界だの心霊現象だの、まったく信用していませんでした。
全く信用していない人が、「霊障か?」なんて、悩んだりしません。
つくづく、自身を騙すのが上手な人ですねぇ。




>でも、今は、そういう精神世界ってあるのだと思っている状況です。

作ろうと思えば、精神世界なんて幾らでも作れます。それこそ人の数だけ。
互いの精神世界を共有すれば、ソウルツインの出来上がりです。

ま、それで満足していれば、特に文句はつけません。
でも、何かが不満の様子で、自分の精神世界を人に押し付けようとする輩が居ます。
その結果が、生産能力の低下を引き起こすなら、誰かが止める必要があるでしょう。






[93]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/18(Mon)19:20


でも、何かが不満の様子で、自分の精神世界を人に押し付けようとする輩が居ます。

きっと私の事なんでしょうね。

でも、押しつけたのではありませんよ。
私が、とても短期間で【そういう解釈】を【そういう認識】をして納得できた…という事です。




霊障というのは、私の心・体の変調から、それ以外に無いのでは?と疑ったからです。

どうあっても、藁にさえすがりたいとした事から、霊能者に相談したんです。

そうしたら、その答え(アドバイス)に納得がいったという事です。
この投稿掲示板、価値辞典さんにご迷惑をおかけしました。






[返信]投稿者:価値辞典


迷惑じゃないです。
どんどんお書きください。
こんなに意味あることを書いてくれて、掲示板もさぞやよろこんでることでしょう。

妻も彼女も捨てられない。
現状も未来も捨てられない。

よくあることです。
私も一緒です。
欲張りもいいところです。




そもそも愛するものなんて一人じゃない。
昔愛した人も確かに愛してるし、今愛してる人も確かに愛してる。
一緒です。

金儲けをするのも。
地位を求めるのも。
名誉を求めるのも。




結局は愛するものを得るためのもの。
愛するものを手に入れたら、もう、これ以上の目標はありません。

金も地位も名誉を投げ捨てて。
って、元々捨てるぐらいの価値しかないものです。

ただの紙切れです。
勝手に偉そうにしてるだけです。
裸の王様です。




私も好きなように生きてますが、あなたも好きなように生きませんか。
あなたがここで何を書こうとも自由です。
私も好きなことを書いてます。

そして、私の書いたことなんて、最終的には無視してよろしい。
私のようなものが言うことなんて気にすることはありません。

プラスのことだけ取り入れて、マイナス要素は無視すりゃいい。
そうしてください。
好きなようにプラス思考で行きましょう。




霊能者も同じでしょう。
いいことだけ取り入れて生きたらよろしい。
スタートラインから逆走する必要はありません。

そう思います。
気にしないでください。






[94]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/18(Mon)22:31


価値辞典さん。
あなたの視点は次元が違う。

とても高い所から、すべての物事を透明にして見ているようですね。
貴方と語るために、これからもここへ会いに来ます。






[95]Re:[93]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/19(Tue)14:00


>でも、何かが不満の様子で、自分の精神世界を人に押し付けようとする輩が居ます。

>↑
>きっと私の事なんでしょうね。
>でも、押しつけたのではありませんよ。

誰もが見れる場所に書き込むことは、自分の精神世界を他人に押し付けると云うことです。
そして、書き込みを見たものは「感染」してしまいます。
それぐらいの認識は持ちましょうよ。

まあ、感染しても、誰かが中和してくれれば、問題ないんですけどね。




価値辞典さん:

>結局は愛するものを得るためのもの。
>愛するものを手に入れたら、もう、これ以上の目標はありません。

で、目標を達成したら心中ですか?
残念ながら、現実はまだ実在し、継続しています。
どうせなら、もっと欲張って、手に入れた後のことまで、目標に組み込みませんか?






[返信]投稿者:価値辞典


全段:

物事を、どのように捉えるかで違ってくる。

「感染した。」

これを能動的に捉えるか、受動的に捉えるか。
能動的なら、取り入れた、となりましょう。
受動的なら、移された、でしょうか。

自律的に考えるか、他律的に考えるか。
自律的なら、自分の責任。
他律的なら、あなたのせいだ、となります。




どちらが、いい悪いじゃない。
現に、世の中は、両者がごちゃ混ぜに存在する。
そして、お互いの考え方は、平行線をたどって一生交わることはない。

こんな千日手には参戦しない。
いや参戦するのは自由だけど、私は打たないようにしてる。




後段:

私は、後、死ぬだけなんだろう。
私は、ただ生まれて、そして死んで行くだけ。

その途中で愛するものを一人でも得られるかどうかの勝負だった。
得られれば「よくやった」になる。




単純に。
素朴に。
これが幸せなんだろう、となる。

人生は結局、このように要約されるんだろう。
愛するものを得て、毎日が楽しい、となるんだろう。
こんなもんなんだ、人生って。




いろいろ悩んできたけど、簡単明快なんだ。
結果は、得ることができた。

我ながら、よくやった。
後は、楽しく一生を終えていく。






[96]Re:[95]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/20(Wed)12:24


>自立的に考えるか、他律的に考えるか。
>自立的なら、自分の責任。
>他律的なら、あなたのせいだ、となります。

なんか、扱う用語が違いすぎます。まるで、日本語ではないようです。
「自立」の対義語は「依存」です。ここは「自律」のtypoと解釈して先に進みます。

で、自律的に考えるなら、「外乱」です。自身の回復能力で元に戻ります。でも、最初の位置からは微妙にずれていることは、ままあります。

(機械制御の世界では、「オフセットドリフト」なんて呼んだりします)
他律的なら、それは、リモコン操作の玩具の話。生身の人間の話ではないです。




>どちらが、いい悪いじゃない。
>現に、世の中は、両者がごちゃ混ぜに存在する。
>そして、お互いの考え方は、平行線をたどって一生交わることはない。

なぜ、そこで、「平行線」が登場するのか、全く理解できないです。
大抵は、相互に変わり合い、何度も交わっては離れることを繰り返します。

あと、別の線に言及していないですねぇ。三本目が入ると、それは、もう、めまぐるしく変化する、正に次元の違う世界に突入します。

実は、三本目からは、高校程度の「絶対的に正しい数学」が全く通用しない世界なんですよね。

でも、数学を使いこなせる人には、数学は便利な道具として残ります。使えば圧倒的に速いです。

元々、途中経過を他人に任せて、結論だけを正確に先取りするための学問ですから。




>こんな千日手には参戦しない。
>いや参戦するのは自由だけど、私は打たないようにしてる。

私は、平気で千日手を打ちますね。
そうすれば、翌日の再戦に持ち込んで、勝利できる可能性が開けます。




>私は、ただ生まれて、そして死んで行くだけ。

私は、世界を引き継いで生まれ、世界に育てて貰い、世界を変えて死んで生きます。

肉体が滅びることに変わりは無いけれど、残った世界は「私」という、存在を抱えたままずっと続いて行きます。

そこに残せるものは、自分が作ったもの全てです。




>その途中で愛するものを一人でも得られるかどうかの勝負だった。
>得られれば「よくやった」になる。

私は、欲張りなんで、愛するものは全て欲しいです。でも、全部は流石に無理です。
だから、これを、量と質の問題に変換します。積の時間積分を取れば、上限は存在しません。

永久に、上を目指し、途中で「よくやってる」と評価するぐらいです。
本当に肉体が停止してしまうまで、私の行動には終わりがありません。




>人生は結局、このように要約されるんだろう。
要約するなら、最後の最後で十分です。

そして、実は、人生は、肉体が滅んでもまだ続きます。布石を拾った人が、再開してくれるのです。

何も残せなかった人は、本当に滅んでしまいますが、実は意外に、沢山残しているものです。




勿論、きちんと残そうとした人は、もっと一杯残せます。
すぐには見つけてもらえなくても、ずっと後には、きちんと見つける人が出てきます。

今、見せたいものだけを見えるように残し、隠したいものをこっそり隠すと、当面は、見せたいものだけが残ったように偽装できます。でも、誰かが、隠していた物を掘り出します。
やがて偽装は発覚し、残そうとした筈の物の方が、一度抹消されます。

そして、次は、抹消された方を見つける人が出てきます。
死後の人生すら波乱万丈です。




>我ながら、よくやった。
>後は、楽しく一生を終えていく。

本当に楽しいなら、それに越したことは無いですね。
でも、世界は困っていて、もっと活躍してくれることを望んでいるかも知れません。






[返信]投稿者:価値辞典


申し訳ございませんでした。
おっしゃるとおりです。
日本語を知らないことがばれました。

こそっと、「自立」を「自律」へと修正しておきました。
お恥ずかしい。




後は、難しすぎてちんぷんかんぷん。
理解できませんでした。




語るとボロが出て、その場に停滞してしまう。
間違った言葉から、議論が発展してしまったら、千日手が打ちたくないのに、千日手の席に座らされる。

まったく本意でない方向へ進んでいくようです。
だから、知ったかぶりして語るのは止めます。

無学であることがばれて恥ずかしくもあるし。
他人のフィールドを覗き見して罰が当たったようです。




やっぱり、他人は他人自分は自分。
ここで平行線の出番ですか。

経験的に、平行線が交わるとろくなことがない。
何百時間議論して、両者ともに後退してるなんてことも多々ある。

私は、自分の築いてきたフィールド内で生きたいと思います。
こぢんまりとコラムでも書いて悦に入りたいと思います。
そう、引き続き自分の人生に専念します。






[97]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/20(Wed)22:49


価値辞典さんへ

この掲示板、私のせいでまったく本意でない方向に進んでしまいましたね。
私はあなたの言葉に100%、感銘を受けています。

理屈を言っているようなのに、理屈じゃない事を単純明快に語っています。
貴方から頂いた言葉の数々、いろんなところで使わせて頂いてます。
あなたの説明は、たった数行なのに心に響く。




従って、良い感染をしました。
でも、感染でも依存でもありません。

私には感動と感銘です。
私も千日手は指さないタイプの人間です。
(将棋は2級レベルですが)

何かが間違っていても、言いたいこと100%伝わります。
これからも、私の問いに答えて頂きたいです。
宜しくお願いします。






[返信]投稿者:価値辞典


あなたの生き方をすべて肯定します。
あなたの生き方をすべて尊重します。

疑問を感じるところは一切ありません。
だって、人は何をするのも自由です。
ケチをつけても仕方がない。




さて、ご安心を。
私は千日手は打ちません。

そんなことをしても意味を感じません。
時間がもったいないと思うだけです。
とどまることをせずに、前に進むのが好きです。




告白します。
ガキのころ、カッコつけたのも愛する者のため。

勉強したのも、愛する者のため。
スポーツをしたのも愛する者のため。




服を着てるのも愛する者のため。
車を買ったのも愛する者のため。
家を買ったのも愛する者のため。

金を稼いでるのも愛する者のため。
趣味を持ってるのも愛する者のため。

こうやって、自分のフィールドを作ったのも愛する者のためです。
すべては、愛する者のためにやってきました。




問いについては、いつでもどうぞ。
歓迎いたします。






[98]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/20(Wed)22:55


価値辞典さんへ

いまの私には、今まで嫌というほど相手にして来た理屈・理論・使い方じゃないんです。
この宇宙の中での地球の、文明を持つ国の学問でもありません。
価値辞典さんの理屈じゃない数行詩…です。






[返信]投稿者:価値辞典


そう言っていただけるとありがたい。
人間はほめられてのびるものです。
うれしいです。

否定されれば、個性は伸びず、卑屈になり、能力の伸張も止まります。
人はまずは肯定してあげる。
こうでなくっちゃ。




もともと、人がどのように生きようが自由なんですから。
肯定して。
自由に生かす。

そうすれば私の個性も自由に羽ばたくんでしょう。
ありがとうございます。






[99]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/21(Thu)21:19


価値辞典さんへ

私があなたの言葉に感銘を受けるのは、机上の理論ではなく、私と同じような事を経験されたからかな。
経験した者だけが知る、心の重さ、叫び、記憶でしょうか。

人間は、非常に狭い角度からでもいい、某かの本質を知るために全力で五感を働かせて、悟るが良い。




悟れば悟るほどに、物質的な面に支配される度合いが少なくなる。

私にとっての幸せとは、今ある社会や相手から勝ち取るものではなく、私が最善を尽くした時にもらえる副産物でしょうか。

また近日、ご相談させて下さい。






[返信]投稿者:価値辞典


AもあるけどBもある。
で、自分はどうであるかと言えば、いろいろと条件によってそりゃー変わってくるさ。
だいたい、みんなこんなしゃべり方をします。

何を尋ねても同じです。
要するに、解を出せないでいる。

けど、考えてるんだって認めてよ。
だから生きてるんだって権利の主張だけはさせて。




でも、こんな人としゃべったら時間を捨てることになります。
で、そんな人が世の中の大半を占めてる。

普通は、こんな人としゃべって、混乱し、紛れ込んで、もがき苦しんで、訳も分からずに死んでいく。
普通の人生はそうなってる。

で、そんなのは嫌だから、ここでちょっと頭をひねる。
つまりは、私には、この地上にしゃべる相手はほとんど居ないってことになる。
だったら、どうするか。




結局、原点に立ち返って、人間しょせん一人。
すべてひとりで考えて行動し答えを見つけ出す。
これです。




で、私は、今現在答えを持ってる。
みんなが、どうしたらいいかなんてのは、みんながそれぞれ考えたらいいことだけど。
そして、みんながどうしたらいいかなんてことは、とうぜんに知らないけど。

でも、これだけは知ってる。
私は、私がどうしたいかを知ってる。

これだけは堂々と確定的に主張できる。
それが強みです。

それが魅力にもうつるんでしょう。
(って、こんなことは誰も言ってない)




おかしなもんです。
私は私が何をしたいかを知ってる。
これだけで地上最強なんですから。

へんな世の中です。
自分の人生を主張するだけで、光り輝いてしまう。

あっ、そうか、銀河の☆★は光ってないんだ。
(いやな言い方だけど。悔しいけど本当のことだ。自分の人生を主張するだけで、みんなは光り輝けてしまう。)






[100]メモ書き:なぜ生きる投稿者:価値辞典投稿日:2009/05/24(Sun)13:12


我らが何も持ってないと、愛する人に迷惑をかけてしまう。
重荷に思って、愛する人が無理をしてしまう。

だから、作家とかHPとかいう自分の城を築くんだ。
でも、人間はそんなんじゃ生きられない。

中学校の頃、カッコつけたのは異性にもてたいがためだった。
勉強したのも異性に振り向いてもらいたかったからだ。
せっせとお金を稼いでるのも、愛する人を幸せにしたいからだ。




世の中に異性が居なかったら、我らは作家になろうとか、HPを作ろうとか、思うのだろうか。

漠然と、未来に会えるであろう愛せる異性のために、頑張っててるんじゃないだろうか。

それが未来だ。
それが希望だろう。

人類は、みんなそうやって生きてきた。
異性にもてたいがために芸能界に入ったり、歌手になったり、コメディアンになり、作家になり、有名人になったりするんだろう。




異性に接触したいから、金持ちになったり、社長になったり、地位を得て、名誉を得て、政治家なんかにもなるんだろう。

我らも、己のためにHPという自分の逃れられる城を築いてるとは言え、未来に愛する人も居ないと分かったら、きっと何もしないんだろう。

人は希望がないと何をしても意味がない。
未来がなければ、何もする意欲が起こらない。




終身刑の人が何もできないのと同じで、この世に愛する人のひとりも居ないなんてことが分かってる世の中では、人は積極的に考えることさえできない。

お金を稼いで何になる。
使うべき人もいないし、喜んでくれる人も居ない。
人生とは、真っ暗な絶望だ。






[101]Re:[96]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/24(Sun)16:42


>後は、難しすぎてちんぷんかんぷん。
>理解できませんでした。

理解頂けなかったのは残念ですが、「知らない世界がある」ことを実感してもらえただけで十分です。
「無知の知」は、全ての出発点ですから。

斯く言う私も、知らないことだらけです。
でも、自分が知らないことを知っては居るので、着実に上を目指せます。
#最近、もっと上を知っている人に出会いました。その人の知識を目一杯吸収するつもりです。


>他人のフィールドを覗き見して罰が当たったようです。
罰を当てる神様なんて実在しません。全て人が作り出したものです。




>やっぱり、他人は他人自分は自分。
>ここで平行線の出番ですか。

平行線について、少々補足。個人的に、不正確な用法が許せないもので。
数学的には、(同一平面上の)「交わらない直線」が平行線の「定義」です。




逆に云えば、交わるなら、それは平行線じゃないです。
例えば、非ユークリッド的球体空間では、全ての直線が交わってしまうので、平行線は存在しません。
実際、地表に真の平行線を引くことは不可能です。

でも、「自分」と「他人」なら、肉体的にも精神的にも融合することなど有り得ないので、ここには平行線を定義することが可能であり、正しく出番です。




>経験的に、平行線が交わるとろくなことがない。

交わっているので、平行線だと勘違いしていたのではないでしょうか?
勘違いしていれば、当面、碌な事が無くても、ある意味当然でしょう。

でも、「塞翁が馬」と云う事もあるので、長い人生では、全くの無意味ではないかも知れません。






[返信]投稿者:価値辞典


Aもあるし、Bもあるし、Cもある。
いつもいろんなご示唆ありがとうございます。
私は昔からAしかありません。






[102]Re:[98]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/24(Sun)19:16


>いまの私には、今まで嫌というほど相手にして来た理屈・理論・使い方じゃないんです。

>この宇宙の中での地球の、文明を持つ国の学問でもありません。
>価値辞典さんの理屈じゃない数行詩…です。

確かに、詩には、理論を超越したものが含まれています。
ただ、残念なことに、共感できる者にしか届きません。普遍性に乏しいのです。


一方、正しい理論に基づく、正規の学問を適確に使用すると、大きな普遍性を持ちます。

特に科学は、こと物質面においては、凶悪な支配力を普遍的に発揮します。

これから逃れるためには、肉体を捨てて精神面に閉じこもるしかありません。
幸い、科学の力は、まだ、精神面には届きません。

でも、肉体も行使すれば、物質面に対しブラストソード並みの悍しい切れ味を誇る科学を存分に駆使することが出来ます。

精神と肉体の両方を使う方が、圧倒的にお得です。




価値辞典さん:

>否定されれば、個性は伸びず、卑屈になり、能力の伸張も止まります。
>人はまずは肯定してあげる。
>こうでなくっちゃ。

他方、叱り付ける「躾」も重要です。
褒めるだけでは伸び悩みます。
そのバランスが難しいですね。






[返信]投稿者:価値辞典


こちらは、AもあるがBもあるし、でもそのバランスが難しいとのご示唆ですね。
私は十年来Aと決めてます。






[103]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/25(Mon)16:19


価値辞典さま

昔婚約したことのある一人の女性が、私の中の神聖な場所に住んでいる。
今の妻と結婚してみても、堂々とそこに住み続けている。

それは致命的な苦しみとして、私はずっと苦しみ続けてきた。
やはり、彼女こそ、私が真実の愛を知る事の出来る女性だったのだろう。




だから、墓に入るまでその苦しみを持ち続けて、妻に対する私の愛も、不完全なままに違いないと思う。

ならば、彼女の神聖な場所にも私は住んでいるのだろうか?

どうも、ツインソウルという言葉を言って来た彼女のメールからはそうらしい。
ツインソウルの勉強を、精神科医・越智啓子さんの本で勉強してみました。

@からIまであるツインソウルの特徴は、私と彼女を示している。
時々思い出して、意識レベルでの交流をしているとも書いてある。
そして、近いうちに彼女との再会を控える私。




真実の愛を知ってからは、何もかもかわてしまった私。
制度や社会の常識に則って、生涯の愛を誓う事を。

お金や仕事や人生の駆け引き、文明的な結婚観を。
社会の中の自分の印象を大切にしていたのは表面的に、誤魔化して、自分を合わせていたんだと気づく。




人生で大切な事は、愛する人と幸せでいること。

私を支え、愚痴一つ言わずに貧乏暮しを耐え、子供を3人も育て、決して贅沢をしない真面目な妻だから、感謝もしていて、一生添い遂げていく人なのに・・・確かに愛しているけれど、二番目。

これだけ私にしてくれている女性なのに、二番目。
今の私には、何もしてくれないのに彼女が一番。

こんな矛盾ってあるでしょうか?
だから、私にとっての陰と陽、彼女こそが自分と運命を共にすべき魂の、片割れだったと確信する。




でも、夫婦でもツインソウルである可能性は、1000人に1人くらいだと書かれていて安堵する。

私たちがツインソウルであるならば、私のもう一つの自分。

私たちは、ツインソウルとして何かを目的として連綿に未来に何度も何度も生まれ変われる。

二人の絆は、はかない時間しか与えられない人間の一生を超越したものなんだ。

そうだとすると今の私の妻と、今の元婚約者の旦那様とは・・・。
他人から取り入れる事の出来る、某かの【学習】をするためになのだろう。




だから、悪い事ではないんだと。
人間の仕事は、生きること。

なるべくなら、幸せに生きなくちゃ。
だから、私は私なりに、今の人生を幸せにしようと・・・。

彼女とは涅槃でも会えるし、来世では一緒に・・・と思える。
宇宙と精神世界を誕生させたヤハウェの遠大な計画は、人類の科学力や理解をはるかに超越しているから。

以上、徳間書店・ツインソウル(エンリケ・バリオス)より。




昼と夜、陰と陽、雄と雌、昔習ったS極N極、物質と反物質。
男と女があるように、男性にとってこよなく愛す女性が、女性にとってこよなく愛する男性がいるだけで、人生が夜から朝へと変わる。

男女の深い交わりは、肉体、子孫という魂の入れ物を作る事が出来る、大切で価値のある事だ。

もともと両方なければだめなのだから、結ばれるように出来ている。




惹かれあう人と結ばれればなおの事だし、運命の人と結ばれればなおの事。
二人の幸せな生活があれば、何も要らない。

人間関係も金も仕事も趣味も、二人を幸せにするオマケにしか思えなくなる。

昨年夏より(それを言うなら21くらいから)私の頭を悩めてきた、夢や元婚約者についての事。

これを考えて来たら、このように思えるようになって来た。

愛と女性というものが、人生にとってこんなにスゴイとは思っていなかった。
元婚約者の事で悩んだことは私にとって、とても大きなプラスです。
私も昔から、Type−Aです。






[返信]投稿者:価値辞典


クサンチッペ。
ソクラテスの妻であり悪妻でも有名です。
ソクラテスはかく語りき。

結婚しなさい。
良妻なら幸せになれる。

悪妻なら私のような哲学者になれる、と。
おかげで世の中は生涯学習で大賑わい。

我らはもうすでに幸せを手にしてる。
そしてもうすでに死ぬ手前だ。




でも、この期に及んで、せっせと知識を貯め込む御仁がいらっしゃる。
一生涯勉強なんですね。
ソクラテスさん。




でも、私は10代で知識習得からは卒業しました。
後は実践あるのみです。

とにかく実践しろ。
とにかく結婚するんだ。

良妻ならば、幸せゲットだろう。
後は、幸せに死んでいけばいい。

悪妻ならば、そこで勉強するだろう。
幸せが得られてないんだ。
幸せを得るまでは、学校みたいに考えればいいんだ。

幸せってなんだろうって。
一生涯勉強して、知識を増やして、そして死んでいけばいい。
だって、幸せが得られてないんだ。






[105]Re:[99]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/26(Tue)13:04


>私があなたの言葉に感銘を受けるのは、机上の理論ではなく、私と同じような事を経験されたからかな。
>経験した者だけが知る、心の重さ、叫び、記憶でしょうか。

何事も、経験は重要です。同じ言葉でも、経験の有無で、重みが全く異なります。
なので、この見解には、賛同します。

ただ、困ったことに、経験に基づく「言葉」は、同じ経験をした者にしか届かない
難点があります。「詩」なので、普遍性に乏しいのです。
でも、届いた人に瞬時に伝わる「即効性」は、理屈じゃ及ばないですね。




>人間は、非常に狭い角度からでもいい、某かの本質を知るために全力で五感を働かせて、悟るが良い。

>悟れば悟るほどに、物質的な面に支配される度合いが少なくなる。

個人的な用語定義の問題ですが、「悟り」とは、仏に成ることです。
そして、悟りに至った者は、その殆どが還ってきません。

私の知る限り、「真の悟り(に近い物?)」に至った後、無事に帰還したのは、お釈迦様だけです。

代わりに、私は「解る」を使います。

「解る」と、知識が実用になります。そして、その知識を駆使することで、更に解る様になります。

やがて、知識が不足していることに気付き、今度は知識を求めることになります。
幸い、知識だけは、Web上に一杯転がってます。玉石混合ですが。

そして、経験と組み合わせた「生きた知識」を蓄えると、物質的な面を支配することが可能です。

肉体と云う物質を支配して、初めて、精神の自由が得られるのではないかと思います。




>私にとっての幸せとは、今ある社会や相手から勝ち取るものではなく、私が最善を尽くした時にもらえる副産物でしょうか。

何が最善なのか、私には全く分かりません。
結局の所「最善」は、後付けじゃないかと思います。
「素晴らしき後知恵」です。

なので、取り合えず、良さそうな行動をするしかないのではないでしょうか。
その為には、具体的な行動案が必要ではないかと思います。

そして、行動結果を冷静に分析し、適切な修正を加え続ければ、結果は勝手についてくるでしょう。
尚、「分析」も行動の一つなのです。

#現在の私は、私事に追われて分析する時間が無いので、下から順にレスしてます。






[106]Re:[100]メモ書き:なぜ生きる投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/26(Tue)13:08


>終身刑の人が何もできないのと同じで、この世に愛する人のひとりも居ないなんてことが分かってる世の中では、人は積極的に考えることさえできない。

これについては、イエス様が、良い解決策となる言葉を残しています。
「汝の隣人を愛せよ」です。

別に異性でなくても、愛する相手は幾らでも作れる訳です。
実際、イエス様は、直接的な子供を残していませんが、絶望なんてしてません。






[107]生き方について投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/26(Tue)14:04


人間の生き方を決めるのは、科学でも学問でもなく「宗教」です。

実績のあるカウンセラーも「カウンセリングで生き方を教えることは出来ない。それが出来るのは宗教だけだ」と言ってます。

同時に、そのカウンセラーは「宗教は最後の選択肢である」とも言ってます。
一枚しかないカードなら、本当の窮地に陥るまで、温存しておいたほうが賢明です。




そして、物質的現状を端的に解決するのは、科学です。

誰もが持っている、電話、パソコン、インターネットは、全て科学の産物です。
これらを使うことは科学を使うことであり、別に知識が無くても科学は役に立つのです。

精神面でも、正規の心理的手法に基づいたカウンセラーにカウンセリングを受ければ、科学の恩恵が受けられます。


一方、科学には、その普遍性により、「知れば知るほど使い勝手が良くなる」と云う、性質があります。
なので、「毛嫌いせずに、少し知ってみないか?」と云うのが、私の提案です。






[108]補足投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/26(Tue)14:12


順を追って説明したかったのですが、私事多忙につきフォローし切れなさそうなので、取り合えず、結論だけ先に上げて置きました。
ご理解の程、宜しくお願いします。






[109]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/30(Sat)13:52


価値辞典さま

私が元婚約者に会おうとすることは、不倫ではありません。

お互いにある、わだかまり、行き違いが支配する思い出を、会って話し合う事で、過去をすこしでも良い思いでに変えられたら良いし、お互いのあれからの人生、今までの人生、そしてこれからの人生を興味本位で聞いてみたいとも思う。

そして、お互いはお互いの伴侶と人生の後半部分の戦いを頑張ってゆく為にも良い結果になると思います。

ただ、このサイトに相談に来たときは、自分が何のために会うのかも判らず、元婚約者の事を不倫の対象と考えているのかとも自問自答した時もありました。
でも、違いました。




その時に、こんな文章に出会い、恋愛とか不倫、夫婦というものを考えた事があります。

宗教的戒律が人の生活を縛ることが少ない日本人にとって、生活の規律であった道徳や常識が著しく相対化した現在、何が倫理的に良くて、何が悪いのかを判断することが難しくなっている。

「不倫だって恋愛の一種。幸福を追求する権利(憲法第13条)の問題。」と主張する人もいることだろう。不倫は配偶者を裏切ることになるのでいけない。しかし、それは裁判所のような国家権力が介入してくるような問題なのだろうか。」

恋愛や不倫、夫婦というものに価値辞典さんはどう思いますか?
その線引き・似たところ・決定的に違う事、善悪。






[返信]投稿者:価値辞典


私の考え方はいたってシンプル。

私は愛する者と一緒に居たい。
自分の気持ちに正直に生きる。

結婚してて、どうしてもそれが邪魔になれば離婚すればいいんでしょう。
邪魔じゃなきゃ、そのままでもいいけど。

善悪も、線引きもありません。
恋愛、不倫、夫婦などの言葉には一切拘りません。

愛する人と一緒に人生を送りたい。
ただ、それだけです。






[110]無題投稿者:悟空投稿日:2009/06/02(Tue)10:27


価値辞典様

私は、私なりに30年近く前の元婚約者への感情について、考えて来ました。
理性と本性の一本勝負を気取りながら、結局は引き分けです。

今の妻も十分愛しているし、不満もありません。
昔は昔、今は今…というところでしょうか?

私には不倫も二重生活も出来ません。
本気しか出来ません。




これまで積み重ねて来たモノなど何もないし、有ったとしても吹けば飛ぶような…です。

でも、また今までの人生同様に、価値の有無にかかわらず色々と積み重ねてゆくんです。

江戸時代の日本は、世界で(最も進んだ?)不倫天国だったらしい。
現代ではどうであろうか?
個人の感情というものを、夫婦関係・恋愛関係によって束縛しているとも思える。




夫婦・恋人である事の代償に、何か貰えなければ、人に何も与えない・・・。
嫉妬と独占欲は、人間の我儘・争い・勝者と敗者・エゴイズムを生みだす原因でもある。

私は、生まれてきた意味、出会った意味、結婚できなかった意味をとても知りたい。
夫婦であろうと、恋人同士であろうと、個人の想念だけは自由でありたい。

今週末の再開を目前にして。






[返信]投稿者:価値辞典


現に行動する者の上にしか幸せは訪れない。
だから私は、法律の範囲内で自分の好きなように行動してきた。
そして、自分で生み出した責任は自分でとる。

賢者ぶって他人のことを偉そうに言ってみても、評論家風に他人の人生を切り刻んでみても、もちろん傍観者を決め込んだところで、そんな口だけ人間のところになんかへは幸せなどは来やしなかった。

分厚い本の中に幸せがあるんじゃない。
ホームページの中にも幸せは存在しない。
他人が作り出した社会常識の中にもありゃしない。

いくら探したところで、そんなところには幸せは存在しない。
結局は、自分で歩いてる足元に幸せはついてきた。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 地上の目標(3)

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「地上の目標(3)」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。