価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 地上の目標(1)

地上の目標(1)

ひとりの愛する妻を得て、私の地上の目標は達成された。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









地上の目標(1)


地上の目標(1)


ある出来事に関しての掲示板でのやりとりを、読みやすいように整理してみました。

[59]辛くて苦しくて20年・・・投稿者:悟空投稿日:2009/04/08(Wed)15:35

はじめまして。
ずっと悩んでいる事があります。
皆さんのお考えを聞かせて下さい。

私(46)には、高校(18)の時、高校の同級生の彼女がおりました。
優しく美しい女性で、縁があると思っていました。




@お互いの母親同士の実家が、50mほどの距離でした。
Aそこからお互い東と西へ、1500m離れたのが家でした。
B小学校も中学校も違うのですが、電車で1時間ほど離れた高校で一緒になり、知り合いました。
C20歳の時、お互いの親族・兄弟公認で婚約しました。
Dしばらくして、子供が出来ましたが流産しました。




●彼女が、突然泣きながら【私と交際する以前にバイト先の店長】と車の中で肉体関係に及んだことを私に言い、それを聞いた私は、深い悲しみに襲われました。
彼女は弄ばれた訳です。

私の兄貴の結婚式に親族として出席していた彼女ですが、私は1人で落ち込んで連絡を絶ってしまいました。
(なんと6年も)

私が今の家内との結婚が決まった27歳、彼女との婚約が既に無効であることを確認し、簡単な挨拶をして電話を切りました。
(会話になりませんでした)




今でもたまに、結婚した子供連れの彼女を街で見かけます。
最後に電話をしてからそれから20年が経って、何もかも相性が良かったのは彼女だけった事、交際前の肉体関係なんて、関係ないことを知り、とても悔やんでいます。

二人でつくってしまった水子供養にさえ行っていません。
今ではお互いに結婚して、同じ年ごろの子供もいます。
私の妻も、妻・母親・人間として最高ですが、別れた婚約者ほど相性の良かった女性はいません。




今生の世の中では、妻と子供を大切にします。
これからも義務と責任を感じて幸せにしてゆくつもりです。
因みに、彼女の兄と弟は、会社の数など数多ある中で、私の兄の勤める会社に偶然勤めています。

私には、彼女がすべての出発点でした。
彼女と婚約して、生まれて初めて自分の人生を好きになったものです。
仕事も、生き方も、すべてが彼女と生きるために・・・。
こんな私は、今、愛があれば他に何も要らなかったという事実を、20年以上、死ぬほど思い知らされました。




人生、最初にして最大の失敗でした。
彼女を失うべきじゃなかった。
一生添い遂げなければいけなかった。

そもそも、私の前で、言わなくても良かったことを、敢えて正直であろう、潔白であろうとして泣きながら私に言った、彼女の誠意も、真心も、覚悟も、純粋さも・・・今は解ります。
人間は、純粋な時は許せなくとも、生きていれば汚れて、汚れれば許すことも出来ます。




私は、十分に汚れたようです。
こんな素晴らしい妻を持ちながら、また会いたいと思う。
こんな素晴らしい子供たちを持ちながら、再会して、今からでも出来る付き合いをしたい。

身も心も愛し合いたいし、謝りたいし、感謝も伝えたい。
せめて、来世で一緒になる事でも約束できたら、心は落ち着きを取り戻すでしょう。

会って、万が一彼女の気持ちが蘇れば、容易に恋に落ちそうです。
彼女の反応次第では大事な家庭と、大事な家族との二重生活を送ってしまうでしょう。




それでも、死ぬほど会いたい。
本能に理性が勝てません。

自分が、大バカ者だと、懲りないヤツってことは1000%判っています。
どうする事も出来なくて、ここへたどり着きました・・・。

頭の中にある事、全部言えました。
とは言っても、私は理性貫きますが・・・。






[返信]投稿者:価値辞典


今日の昼間、私はひたすら街を歩いた。
桜咲く公園まで歩いては、3分ほど座ってぼんやりとし、また違う公園へと歩いていった。

でも、桜を見ても心は癒されず、いくら歩いたところで心は満たされなかった。
そして私は歩きながら、なぜか涙ぐんでいました。
涙ぐみ悲しげな顔をし、悲壮感を漂わせ、歩いていたと思います。

でもこれは、私が繊細で正常な人間であるという証拠です。
私は人間として正気を取り戻しつつあるんじゃないかと、本来あるべき私へと、完全に復活しつつあるんじゃないかと思いました。
すべたがいい兆候です。




>彼女が、突然泣きながら【私と交際する以前にバイト先の店長】と車の中で肉体関係に及んだことを私に言い、それを聞いた私は、深い悲しみに襲われました。

己のはるか昔話を思い出し、甘酸っぱくなり、切ない気持ちとなりました。
胸はぎゅっと痛くなり、悲しみで押しつぶされそうになりました。

若い時に、これを聞かされたら辛いですよね。
純粋なほど傷付き、彼女から離れてしまうんじゃないかな。




たぶん私も、聞かされた事実が消化できずに、同じく離れ去ったと思います。
今なら、そんなことの一体何が問題ですか、っていう感じなんですが。
そういう意味において、私もあなたと同じ過ちを犯したことになる。

月日は流れて、経験値をいっぱい積んだ我らは、本当の愛を知ることになりました。
これには、何も敵わない。

妻や子供を持ってきても敵わない。
本当の愛以上のものはこの世には無いと知ります。
しがらみで身動きが取れない状況であっても、これは追求しなければ本来の自分が取り戻せない。

生きてる目的が分からない。
なぜ生まれてきたのか分からない。
そうなるように思います。






[60]無題投稿者:悟空投稿日:2009/04/09(Thu)15:57


おなじ境遇の方がおられた事に、すこし安心し落ち着ける気持ちになりますね。
私は、妻と子供たちが大好きです。

私の良い面も悪い面もすべて受け入れてくれ、苦労をさせてきた妻と別れる事は、何があってもあり得ません。とても大事な存在であり、まじめで性格も良く、美しい人です。
この一生を通して、添い遂げます。

それが妻に対する私の誠意であり、愛情だと思っています。
恋愛結婚こそしましたが、元婚約者の時のような、ときめくような感情は昔から無く、落ち着いた、もっと大きな愛情(家族愛?)というもので包まれています。
家庭も大変明るく、その意味においては、今の妻は救世主です。

男にとって結婚とは、人生の一番重要なことと思っています。
そこで、【幸せにする】と誓った以上、幸せにしなければなりません。
人生で最初に交わした一番重要な約束を、いとも簡単にリセットしてしまう事は、私には考えられないです。




一方、昔を思い出して元婚約者こそが私の添い遂げるべき女性だったと思うのも事実です。
元婚約者は、色々と私に尽くしてくれましたが、私は何もしてあげられなかった。
私の前で潔白であろう、純粋であろうとして言わなくて良い過去の事まで、さらけ出してくれた元婚約者の誠意に、私はなんという態度を取ってしまったのだろう・・・。

別れるにしても、もっと別の別れ方があったと思うのです。
その当時、携帯電話やメールがあれば、縁を繋いでいたとも思います。

結果は同じでも、今の【思い出に対する心の気分】は、もっと良い結果になったでしょう。
他の掲示板でお世話になった方が、言われましたが、私は、【すべき事をせず、逃げてしまった】のに対し、彼女は、【言うべき(すべき)事を言った】訳です。

そして【私から連絡が途絶えた=結論】を受け入れて、前を向いて言ったのでしょう。
従って、彼女の中では完結していると思います。
私の中だけは、後悔と悩みと罪悪感と夢、希望、愛情、現実、過去、虚脱感が渦巻いているのです。




一度会って26年間、伝えられなかった自分の気持ち、感謝の言葉を彼女に伝えれば、お互いの胸のシコリが取れるのではないかと思うのです。
もっとも、女性は強いので元婚約者にはそのシコリは既にないと思っています。

でも、伝えたい気持ちや感謝ってあります。
愛し合いたいとも、抱きたいとも、二人だけの反省会をしたいとも思ってしまう。

お互い大切な家族がいながら、危険な一面もあります。
然し、お互いに大切な家庭があり、違った道を生きています。

だから、お互いには【いま】が大切です。
でも、26年間抑えられない感情を持って生きて来ました。

永遠続く辛さ、苦しさの前には、会いたいという本能に理性が勝てません。
でも人生には、会ってそんな事に思いを馳せる時間もあって良いのではないでしょうか。

会って、26年の時間が経過したことを理解しなければ、またいつか同じ辛い気持が押し寄せてきてしまいます。
【26年間、溜まりに溜まったツケ】を払わなくては、前に進めません。
だから、コーヒー一杯だけでいい、会いたいと思うのです。






[返信]投稿者:価値辞典


いくら愛してても26年も経てば色あせするというものですが、未だに気持ちが鮮明なのは、彼女が手に届くところに居て、姿を見て、気持ちの確認もでき、会おうと思えば会うこともできるからかな。

もろもろのモヤモヤが、コーヒー一で解決するんなら安いもんじゃないですか。
現在の手持ちを捨てる訳で無し、久しぶりにお茶しませんか、でいいんじゃないでしょうか。

あなたのおっしゃるとおり、理性が利くんなら、それ以上にはなりようがないし。
あとは勇気を出して連絡するだけですね。






[61]Re:[60]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/04/09(Thu)17:37


超無責任なアドバイスですが、奥さんと一緒に、その彼女さんに会いに行かれては如何?

只、その結果が、どんなに悲惨なことになっても、当方は一切関知しません。為念。






[62]無題投稿者:悟空投稿日:2009/04/10(Fri)10:40


価値辞典さま?
内山一朗さま

ご意見ありがとうございます。
実は、4日前、高2の次男が【パパが一生で一番後悔している事は何?】と聞いてきました。

私は、誤解のないように【この事実】を話しました。
今の母親(妻)に対する私の存在、家庭や子供たちに対する私の存在から、決して今の世界を否定している訳ではないと理解してくれたのでしょう。とても良き理解者になってくれました。

次男には、ママの前に好きな人がいたという事、嫌いでは無いのに別れてしまった事、自分に置き換えて、たくさんの質問・回答を通じて、二男には【純粋な悲しい出来事】と理解を得たようです。




そして昨晩、妻にも話しました。
私の実家両親、親戚、兄弟の家には、兄の結婚式や家族旅行に参加していた彼女の写真が多くあり、母親の実家同士も付き合いがあったので、親戚の中には、妻を元婚約者と勘違いしている者もおりました。

この事から私の兄嫁や実姉が、そんな過去を話してくれていたのと、元婚約者の兄と弟が、私の兄の会社で部下として働いていることもあって、免疫がありました。

今も同じ市内に住む元婚約者とコーヒー一杯だけ、飲みたいという許しを貰いまいた。
妻は、果して彼女が合うかどうか…と言い、次男もとても興味を持っている様子です。
今の妻は幼稚園からの同級生であり、妻とも子供とも、友達やアニキという存在で接して来ました。




いくつか、妻から条件が出ました。
@水子供養に行ってくること。(私たちの4か月以上の流産は、仏として扱わなければいけないとの事)

Aこの次は、一人で墓参に行けるように場所を聞き、許可を貰ってくること。
B元婚約者の家に、私の中学時代〜20歳までのアルバムが3冊あるので、返してもらってくること。

C元婚約者の実父から、結婚したらここへ住めといって貰った土地の権利証を返してくること。

10日前、昔の書類の封を開けたら手紙が入っており、権利証と知りました。(22年前他界)
D街で出会うこともあるのだから、会ったらきちんと挨拶が出来る関係になってくること。




悲壮な会いたいという気持から、何のために会うのか、会って何が変わるのかが見えてきた様な気がします。
妻・二男・皆さんのおかげです。

しかし、彼女と婚約した事で、自分の人生をはじめて好きになった存在です。
本当に愛していた事だけはきちんと伝えて来ようと思います。

これからも、会うまで立ち寄らせてもらいます。
5月24日が彼女、5月29日が私の誕生日なので、この中間の日の昼下がりにでも再会してきます。

また、その頃、こちらにご報告したいと思います。
ありがとうございました。






[63]Re:[62]ちょっと補足投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/04/14(Tue) 09:25

私の書き込みで勘違いする人が出そうなんで、ちょい補足。
まず、私と価値辞典さんとは、特に関係ありません。ここで遊ばせて頂いている1ユーザってだけです。

あと、本当に無責任な発言なんで、私個人に過剰な感謝や期待は要りませんよ。
なんせ「修羅場で刃傷沙汰とかは嫌だなぁ」なんて思いながら書いたんで。
「超無責任」の意味がわかりますよね?




でも、悟空様は上手く行かれてるみたいで良かったです。良い奥様をお持ちですね。
奥様は、あなたが思っている以上に、あなたのことが大好きなんじゃないですかねぇ。

まぁ、私は、ちょっと口惜しがりつつ、私の「女神様」を探す旅に出ることにしましょう。
温泉からいきなり湧いて出たりしたら最高なんですけど。






[64]無題投稿者:悟空投稿日:2009/04/16(Thu)09:03


みなさんこんにちわ。
最近、今更どうしようもない事で、投稿させていただいている悟空です。
いろいろと勘違いしてすみません。

先日、とても辛い事がありました。
私の実家の両親は(私も)、近隣のコナミスポーツクラブに入会しているのですが、そこで母が、元婚約者の母親(実家が近所で母親同士が幼馴染みでもある)に会ったとの事です。

そこから昔の話になり、(今の妻を否定するわけではありません!)元婚約者が、とても真面目で優しい美人だった、二人は絶対に結婚するものと誰もが思っていたのに、なぜ別れてしまったの?というのです。




私は、彼女と別れてしまった事は話しませんでしたが、26年ぶりに最近あちこちで彼女の話が蘇るので、不思議に思っていました。

元婚約者の母親の実家と私の母親の実家は50mと本当に近かったのっで、(私と元婚約者から見れば)爺さん同士が本当に仲が良かったらしく無二の親友であったとの事。

私の爺さんはは、大工であった元婚約者の爺さんに家を立てて貰ったそうです。
この話を、妻に話しましたところ、妻も彼女の姓がとても珍しかったため、思い当たる節があり、卒業名簿を調べてみたところ、実は彼女の兄(といっても二卵性双生児なので同級生)は、私の妻と同じ高校の同級生であった事も、あらためて判明しました。




その兄と弟は、私の兄の勤める会社に今も務めていますし、妻と元婚約者の兄が同じ高校の同級生だったとは。
東京の事ですから、高校の数も職場も、数多あるのです。

私も妻もびっくりすると同時に、(結ばれはしなかったものの)改めて、元婚約者とは先祖からの強い縁があるんだな、と思いました。

元婚約者は、高校の時の(1500人在学)文化祭で1年から3年まで美人コンテストで1位という女性で、女優の竹内結子さんの目をもう少し、大きくした美人で、高1の時に、同じクラスの隣の席になるというくらいでは、私なんかと交際するレベルの人じゃない。このへんにも古の縁を感じてしまいます。




さて、改めて心を痛めたことがあります。
母親から聞いた話ですが・・・、私が元婚約者への連絡を絶って6ヵ月以上経ったころの事です。
彼女が、私の家(実家)を訪れ、私の母親が応対に出ました。

その当時、彼女と私の関係にヒビが入ったことを知らなかった母親は、久しぶりに彼女が訪ねて来た事もあって、いつものように笑顔で応対したそうです。
彼女は【お母さんお久しぶりです、これを悟空さんに渡して下さい】と手の込んだ刺繍のあるクッションを母親に預けたそうです。




そのクッションには、私の名前と、猫が子猫と寄り添っている図柄が刺繍してあり、KITTENと書いてありました。
(私は母親から後日クッションを渡され、これをお気に入りとして愛車に入れたり、長年愛用していました)

精いっぱいの笑顔を作って、悲しそうに沈んでいる彼女を見て、【●●さん、元気がないわ】いつもの様に上がって、【コーヒーを飲んで行きなさい】とも、【●●に何か伝える事があったら伝えておくわよ】と言ったのですが、彼女は【何でもないです、大丈夫です】といって帰っていたそうですが、その時の彼女の眼から大粒の涙が出ていたそうです。




なんで今になって、こんな話をするのかと思いました。
私は、クッションは後日受け取りましたがこんな詳しいところまで聞いていませんでした。

これを聞いてから、本当に彼女の一途な気持ちに応えてやれなかった自分に、腹が立ち、実る事のなかった現実、何もしてあげられなかった事に、改めて悲しくなりました。
昔に戻って彼女を抱きしめてやりたいと思い、涙が出ました。

彼女は、言うべき事を言い、すべき事をして、私の答え(連絡の断絶=別れ)を、精一杯の誠意を残して受け入れていったんですね。
それに引き替え、私は正面から向かい合わずに逃げてしまった。

彼女は完結し、私は未完のままです。
あの時【問題ない!】といっていたら、どんな幸せが待っていただろう・・・。




妻は、言いました。
そんなに愛してくれる人に、パパはひどい事をしたね・・・。

今パパが苦しんでいる以上に、苦しんだと思うといわれました。
ふたたび、相談初期のころと同じ、辛くやるせない気持ちになってしまいました。
はち切れそうです。

最近、お寺の坊様や、いわゆる霊感の強い方々から意見をいただきます。
人間は、魂の成長のために何度も生まれ変わる。

その時に、親も兄弟をきめ、結婚相手も選んでくるようです。
いわゆる運命的な・・・というものです。




ただし、それはある程度しか決められておらず、自分の意志で運命を変えてしまう事も出来るとの事。

その場合、運命的な結婚ではなく、その時点の自分に一番ふさわしい人と結ばれるとの事です。

私は彼女の悲しい事実を受け入れ、本当の愛とは、本当に大事なものは何か?
という事を(彼女と二人で)乗り越えなければならなかったらしく、これがカルマ(業)というらしいのです。

そのカルマが、お互いに未処理のまま来世に持ち越されてしまうようです。
【今、しがらみばかりの人生ですが、夫として、父親として許される中で人生で、この世で出来なかった未練を果たし、彼女と最高の人生を過ごしたいと思うのです。
そんな約束を彼女と果たしたい。




だから、今は目一杯妻を幸せにします。
本能と理性の両方が納得できるように、答えを見つけてきます。

彼女と再会を果たそうと決めた日まで、あと40日。
それまでの間、どこまで気持ちの整理がつくかですが・・・。

きちんと合える精神状況にならなくてはいけません。
どうか見守って下さい。






[65]Re:[64]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/04/16(Thu)13:22


うーん、カルマに来世ねぇ。
私は気にしませんが、まぁ、そう云う見方を全否定する気も有りません。

>そのカルマが、お互いに未処理のまま来世に持ち越されてしまうようです。
なら、そうなんでしょう。

良かったじゃないですか、来世で彼女さんと再チャレンジできる訳です。
代わりに、今世は、今の奥さんを幸せにして、今の彼女さんを見守ってあげましょう。

運命なのは寧ろ、奥さんとの出会いだと思いますが。
なんせ、現在進行形で、自身で掴み取った運命ですから。

私は、のんびりと、女神が湧き出る温泉でも掘りに行こうかと思ってます。






[66]無題投稿者:悟空投稿日:2009/04/17(Fri)16:08

内山さんのメールには、何かほっとさせてもらってます。

考えすぎても駄目だと思ってはいるのですが、どうしても考え込んでしまいます。
カルマとか、来世とか前世とか・・・私なりにはあるのではないかと最近思います。

@私の実家から、1500m離れた彼女の実家から、電車で1時間離れた高校で出会う確率。(人口25万人の市)

A入学して、同じクラスで隣の席になる確率(1年生600人で12クラス)
B付き合う確率。(?)




C付き合ってみたら、お互いの母親の実家が50mしか離れておらず、幼馴染で親友。(?)

Dお互いの爺さん同士が親友。(?)

E大工であった彼女の爺さんに、私の爺さんは家を建ててもらっていた。(?)
F私と彼女の誕生日が同じ。
G私の兄の勤める会社に、彼女の兄・弟が就職する確率。

H高1の時に、お互い内緒で始めたアルバイトが、同じレストラン。
最近になって、もうひとつ判りました。
I彼女の兄と私の妻が、やはり(電車で1時間くらい通う)高校の同級生で、クラスメート。




だいたい、こんな感じなのですが・・・巡り合わせや縁を感じずにはいられません。
ちなみに妻と私(お互いに当時23区在住)は、幼稚園の同級生で、小1の時に私が某市に引っ越したところ、妻も2年生の時に引っ越ししてきて、同じ小学校へ通い、中学で同じクラス・隣の席になっています。

東京の事ですから、高校の数も、就職先の数も、アルバイト先の数も、就職先の数も、数多あろのです。
あくまで確率ですが、何かの力を感じずにはいられません。




あまりにも、怖いので評判の霊能者に前世因果霊視というものを依頼してみました。
水子霊の供養と、先祖霊の供養、墓参、浄霊、因果の処理などをお願いしてみました。

お互いの名前と年齢、過去の交際の事しか言っておりませんので、結果に興味があります。
近く、結果が出ると思いますので、また投稿いたしますね・・・。

皆様にとっては、くだらないは話ですが、よろしくお願いいたします。






[返信]投稿者:価値辞典


つい2、3日前、小発見した「触媒理論」に、ちょっとはまってる。
触媒とは、化学反応の速度を速める物質で、それ自身は変化しないものを言います。

我らは、生れしとき「無」でありますが、積極的に、国や社会や会社や学校という触媒に関わっていって、自分というものを発見していく。
我らは、触媒を通して、他人に触れ、自分とは何者かを化学反応的に導くのです。

もっとも大きい反応を示す触媒はお金でしょうか。
人々はお金という触媒に触れ、気がふれたように反応します。




でも私は「お金」にふれてもそんなに反応いたしません。
人々は狂ったように反応しますが。

人々はお金という触媒を通して、己の欲望をたぎらせます。
お金に触れて、「自分にはお金以外に反応するものが何もない」ということに気付きます。

とにかく、人生とはお金である。
この世でもっとも価値あるものはお金である。

と、煮えたぎるように反応します。
人々はお金という触媒を通して己を見つけたのです。




もっと大きい反応を誘う触媒もあります。
それは愛情でしょうか。

この触媒に触れれば、人間はウソはつけません。
触媒を通してある人に触れ、愛情がとめどもなく爆発的に膨れ上がり、あふれでる。
止めても止めても止まらない。

高鳴る胸。
あふれる想い。
もうだめだ。
我慢できない。

あなたじゃないと生きていけない。
あなたしか見えない。




この触媒はウソはつかない。
理屈じゃない。
これがすべてなんだ。

これが人生なんだ。
これ以外に何が要ると言うのか。

愛情という触媒を通して人は本当の自分を知る。

「愛してる」というウソ。
「愛さなきゃ」というウソ。
これらを見事に暴きます。




だって反応しないんだもん。
この人はどう。

いや、反応が小さい。
あの人はどう。
いや、無理やり大きくしてるような感じがしてむなしい。

愛情という触媒はウソはつかない。
ある人にとめどもなく反応する。
この反応の大きさは、それが本当の自分だということだろう。






[67]無題投稿者:悟空投稿日:2009/04/21(Tue)21:14


いつも支えになって下さってありがとうございます。
もし、私と妻に愛がなければ子供がいても離婚してしまうと思います。

子供は、愛があれば育ちます。
片親であろうが、未婚の母であろうが、愛があれば立派に育つものです。




私の友人の父は、離婚されて男手ひとつで子供(友人)を育てました。
私の友人は、いつも父が作ってくれたお弁当(不細工なおにぎり)に、父親の精一杯の愛情を感じ、涙しながら食べた事を話してくれます。

きっとこんな風に考えてしまうでしょう。
建前を気にして生きていると、いつか建前が本音になってしまうのではないでしょうか?

間違いを間違いだと認めて良いのではないでしょうか?
多少、他人を傷つけてもいい。




別れる事によって幸せに出来るものがあれば、プラスマイナスゼロです。
元彼女との人生を、本気で考えてはみてしまうでしょう。

私は、離婚は有り得ませんし、したいとも思いません。
私は、妻をお会いしています。

妻との生活も私の大切な本物であり、私の家族愛が溢れる場所でもあります。
妻を悲しませる事を絶対にしないのが、私の本当の愛です。




でも私は、このような妻がありながら、元婚約者こそが【本来、結婚すべきだった
本物】だと確信しています。

理性では【建前】という答えしか導き出しません。
それでは【本能(本心)】を納得させる事が出来ません。

それゆえに私は悩みました。
どちらも【本能(本心)】なのです。

とことん追い詰めて考えてみました。
私は、今まで通り、感謝と愛情を妻と子供に注ぎ続けます。




しかし、元婚約者に会って今更ながらの愛を伝えます。
彼女は何というでしょうか?

その答えが、【もう空気のような存在だ】と言われても【まだ貴方が大好きだ】と言われても、私は動じません。
私は、本当に愛していたと、本物は君だと、すっと前から気が付いていた事を伝えます。

お互い、今は何もできないけど、今はお互いのパートナーを大切にしようという事。
自分が死ぬ時が来たら、お互いにそれまでの人生に満足出来ていたら今、度生まれてくるときは、一緒になろう・・・私はこう云いたいのです。




元婚約者を幸せにすることが、私の幸せでもあると言いたいのです。
この約束をして元婚約者に対する気持ちは、来世まで封印したいと思います。

そうすれば、両方うまくいきます。
仏教や臨死体験者の叡智に委ねて、すべてを封印したいと思います。

私は、最近、魂の不滅ということ最近信じる事が出来るようになりました。
だから、死んでも元婚約者を諦めないから、また生まれてきて出会います。




人生には、また、次がある。
今生の世の中で出来ない事を未練とし、人生の目的に変えて、また彼女と出会う。
このように思うようにしたのです。

このように思う事で、私は落ち着きを取り戻し、欲張らずに妻だけを見る事が出来る。
この掲示板にきて、価値辞典さんのお言葉に触れ、私は正気を取り戻しつつあります。
ありがとうございました。




追伸ですが、某霊能者の方に霊視して頂いた結果です。
この先生は、彼女の名前を伝えた後、瞑想しただけで、私と彼女の誕生日を言い当てました。

さらには、古くからお互いの先祖との縁が深く、それは現在でも変わらないと言われました。
51代前、35代前、33代前の私と彼女は夫婦だったとの事で、ある限定された土地をで暮らしていた事も言われました。
(彼女の方は、そこまで不明ですが)

私の先祖は先祖よりの言い伝えによると、その土地でその頃、その仕事をしていた人物がいるのです。
そして、前前世と前世で3人、今生で1人の水子がいるとも言われました。




お互いに、この2000年の間に根性を入れて4度の生まれ変わりを果たしているとの事でした。
私にとっては、十分に前世や縁というもの信じるに値するものでした。

このたび縁深く出合った理由は、夫婦として3度も生まれていながら、子供に恵まれたことがなからであり、その未処理の感情を処理・成就させるために生まれてきたとの事でした。

今生で運命から逸れてしまった人生を送れば、また来世同じ目的を果たすために生まれてくるとの事であり、彼女と暮らし子供を作ってゆく人生で、お互いの魂の成長が進むのだという事です。

運命と言えども、見失い、間違えることもあると。
運命の相手と逸脱した場合は、その時点の時分に一番ふさわしい相手と結ばれるそうです。

その意味で、今の私の妻は、文句のつけようが無い相手です。
私の中では、すべて納得出来ました。




このようなお話が苦手な方には、申し訳ございません。

ちなみに、この霊能者は彼女と会って、愛し合いながら水子が出来てしまう原因を断ち切る必要があるそうです。
また、心境の変化、報告させて頂きます。

価値辞典様、あなたは詩人でもあるのでしょうか?
感謝しております。
ありがとうございました。






[68]Re:[67]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/04/22(Wed)06:35


業を背負うことにしましたか。それはそれで善哉々々。
でも、なんか口惜しいので、今から花見に行きます。
桜前線を追いかけて。






[69]余談投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/04/25(Sat)08:50


うっかり、上の書き込みを鵜呑みして実行しそうな人の為にアドバイスを一つ。
桜前線を追いかける場合「コート必携」です。

身を持って体験したので、報告を兼ねて。
#勿論、泥縄で用意しましたとも






[70]無題投稿者:悟空投稿日:2009/04/30(Thu)21:19


今日、私が経営する会社の女性秘書に頼んで、彼女の家へ行ってもらい手紙を渡してきました。
その手紙には、こう書きました。

いきなり申し訳ないという事。
27年ぶりで、とても久しぶりだという事。

貴女は、とっくに忘れているかも知れないという事私は、大好きだった事。
私は、貴女との高1から交際〜20歳の婚約で、生まれて初めて自分の人生を好きになった存在であること。




21年前、(私が連絡を絶って5〜6年後)最後に電話をしたが、伝えたい事を何一つ伝えられずに電話を切ってしまった事。
今でも気持は変わらない、大好きだという事。

貴方の家庭や私の家庭を壊すつもりは全くないという事。
貴女が私に二度と会いたくないという事も、私に話す事などないという事も、私と結婚しなくて良かったという事も、全部知っているし分かっていますという事。

今更だけど、伝えたい大事な話があるのだという事。
二度と連絡を取らないことを誓うという事。




だから、どうしても一度だけ、コーヒーを一杯だけ飲みに行きたい。
こう手紙に記しました。

秘書の話によると、彼女は受け取りを拒んでいたそうで、強引に渡してきてしまったとの事。

おそらく彼女から、連絡は来ないと思います。

読んでくれているかも判りません。
私は、彼女を27年前にふって、27年後に彼女にふられたような気がします。

でも、出して良かったと思います・・・。
今は、返事をくれるのを薄い望みで繋いでいます。






[返信]投稿者:価値辞典


哲学書なんかは難しすぎて、何を書いてるのか分かりません。
私に難しいと感じさせたその哲学書は、結局は、私は読まない訳だから、何も書いてないことに等しくなります。

哲学者も、読んで欲しいならもっと咀嚼して書く必要があるのでしょうが、それをしないということは、読んでもらうことを目的とはしていなかったんでしょう。




要するに、文章は自己満足のかたまりに過ぎずか。
哲学者は、読んでも意味が分からないことをよしとしたのです。

そんな中、ずっと私を引きずり回してる言葉があります。
ヘーゲルの言葉。
「一人の愛する妻を得て、私の地上の目標は達成された。」




深すぎます。
人々が、目の色を変えて、人を殺してまで欲しがってる、お金とか、地位や名誉なんてものは、吹っ飛びました。

そんなもん。
ちっちゃいね。
人生の本筋じゃない。

何を見てるんだ。
いい年こいて。
っていう感じです。




我らは、ご近所さんの作り出した常識というやつに、引きずり回されて、好きでもない人と結婚し、欲しくもないのに子供を作って、ちょっと冒険したいのに何もせず、死んでいく。
まるで、ままごと遊びだ。

地上の目標かー。






[71]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/03(Sun)03:22


価値辞典さんに会いたいと思いました。
いろんな事を話したいと思いました。

全てにおいて、冷静に分析できて、本質を知る事の出来る、人間の弱さを知る事の出来る方だと思います。
素直な感想です。

私は、【かわぐちかいじ】さんのマンガに良く感銘を受けます。
沈黙の艦隊・・・視野の広さ・スケールの大きさの違う人間には勝てないと思う漫画です。




ジパング・・・・生きるという事は知るという事、意志を持って描く事に命を賭けて守るものがある。

太陽の黙示録・・邪心のない人間の力、意志の強さ、人類愛を学びました。

アララギ特急・・生きるという事の個人の方向性、男らしさ、動じない、完成された自分だけの心。
イーグル・・・・これもスケールのでかさ、動じない心、完成された信念。

メデューサ・・・男女の性、虚しさ、切なさ、純粋さ。
瑠璃の波風・・・沈黙の艦隊の館長の幼少時代であり、どのような環境が、どのような人間を作るか・・・。




簡単ですが、こんな事を一杯読み取ることが出来ました。
この人の漫画が好きなのは、はやりの手法も何も使わない【意志のある生きた眼力】の魅力と表情です。

みんな、意志を持って生きてる。
生きてる人間の眼力とは、すごい魅力です・・・大人の鑑賞に1000%堪えうる漫画です。
この漫画の登場人物のように、強く、意志を持って生きなければならないと思いました。




読まれていない方がおられれば、是非一読お勧めします。
もし、この掲示板で暴露しました私の今の状況に、良いものがありましたら、DVDでも漫画でも、素晴らしい歌詞と素晴らしいメロディーでも皆さんにご教示いただければ幸いです。

今の未完成な、故障した自分を治療したいと思っています。
趣旨に合わない話で、失礼いたしました。






[返信]投稿者:価値辞典


人の出発が子供である以上、いろんなものを押し付けられて当たり前。
学校と勉強。
進学と就職。

社会に出たら、とりあえずは、食っていかねばならない。
それで働き続ける。

しばらくすると食えるようになっていて、ちょっと考える余裕もできる。
人生とは何だろうって。




子供のころの押し付けと、社会での、ひとりで食ってけというこのルール。
ここで、初めてこのハンディキャップを払拭できる。

強者につけられた不利な条件を克服することができる。
お金や地位や名誉は、我ら強者を惑わすハンデだったのだ。

個性的な人間は社会には邪魔。
人生とは好きなことをすることである、なんてことを分かってる人間は、非生産的で社会のゴミでしかありません。
で、我らはハンデを背負わされた。




一方、これを弱者に与えられた有利な持ち点、と思う人は、与えられた条件を楽しもうとするんです。

好きでもないけど結婚した。
子供は要らないけど、儲けた。
好きな仕事じゃないけど、働き続ける。
これを楽しもうとする。




決して、与えられた条件を一から見直そうとはいたしません。

見直すなんてとんでもない。
人類が英知を絞って、獲得してきた有利な持ち点。

生まれてから死ぬまで有効なハンデなんだ。
悪かろう筈がない。
敷かれた線路を走りさえすりゃ、死ぬことができるんだ。




じゃー、私も素直な感想を。

普通は、人から与えられたものが、うっとうしくなるんでしょう。
大人になって、余裕ができれば。

で、考えたら、何が大切かが見えてくる。
普通の人間なら見えてくると思う。
それが普通の大人だろう。






[72]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/06(Wed)13:53


価値辞典さん、今一度だけお願いです。
あなたの言葉が欲しいです。

私が元婚約者に会っても良しとする理由を貴方なりの言葉で教えて頂けませんか?
そして、元婚約者にとっても私と会ってよしとする理由を教えて頂けませんか?

そして、会うという結果が今後のお互いの人生にもたらすであろう何かが判りません。
私は、この広い宇宙で大切なものを失って迷子になっているような気持です。

最近、ツインソウルという言葉を知りました。
どうか、よろしくお願いいたします。






[返信]投稿者:価値辞典


私も何を勘違いしたのか、ルールを逸脱してはいけないと思ってた時代もありました。
今は、ちょっとだけ吹っ切れてるかな。

世の中には、してはいけないことなんて、あまりないのかな。
そりゃ法律をやぶったらダメだけど、社会の常識っていうやつには、あまりこだわらなくてもいいんじゃないかな。

自分は、何歳ぐらいに死ぬだろう。
たぶん、その予想よりは早く死ぬと思って生きたらいいんでしょう。
予想より長く生きたら、おまけですね。




子供を作ったら、法律を守れる大人になるまで、育てる責任はあります。
でも、配偶者の場合は、お互い大人なんだから、基本は自己責任なんでしょう。

以上を念頭において行動する。
これが私の結論です。

コーヒーを飲むのを止める理由はないように思います。
そこから起こる事態に対しては、育てる責任と、自己責任のルールに則ればいいんじゃないでしょうか。
そして、自分の行動の責任は自分だ、というルールに従ったらいいと思う。






[73]地上の目標 投稿者:価値辞典投稿日:2009/05/10(Sun)02:23


地上の目標。
それは今生きている現世の生きる意味。

この“地上”というところがミソだ。
もし、これが見つかってないんなら。
もし、これに到達できそうにないんなら。

我らは地上の目標が達成できずに、地上を去ることになる。




で、いつ頃、できそうにもないと判断するか。

みんなせっかちだ。
親とか親類とか、近所の人とか、世間の人は。
二十歳そこそこで、もう大人なんだから落ち着きなさいって言う。

えっ、まだ地上の目標も見つかってないんですけど。

何を甘えたこと言ってるの。
何をちゃらちゃらしてるのよ。
いつまでも子供じゃないんだから。

と、世間に合わせて、だいたいアラウンド20当たりで、地上の目標を強制消去させられる。




人は、現世を諦め、来世へと目標を先送りせざるを得ない。
現世は、ただ我慢する修行のようなものとなる。

波風を立てずに死ねたらハッピー万々歳。
そしたら、次にはいいこともあるんだろう。

見てごらん。
みんなの顔を。
現世の絶対的征服者に根性抜かれてさ。

生気のない、いい顔してるよ。
みんな。






[74]Re:[72]無題投稿者:内山一朗(偽名)投稿日:2009/05/10(Sun)02:56


はぁ、久しぶりに覗いたら、まだぐちぐちやってたんですねぇ。
悟空さんは、奥さんに頼れば、全部解決しちゃうのに、何故出来ないんでしょうねぇ?






[75]無題投稿者:悟空投稿日:2009/05/10(Sun)19:27

妻には、言える事と言えない事があります。
きれいに言えば、家庭を守る意味と、悪く言えば妻に不愉快な思いをさせない為に・・・でしょうか。

妻子もあって、責任もあるから、すべて自分勝手というわけにはいかず、遠慮も強いられます。
地上の目標とは、元気はつらつで愛する人と見つめあって生きる事。

地上の目標とは、生まれてきた意味ですね・・・。
自分は半分だから、残りの半分を見つけることなんだと、深い意味だけど解ります。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 地上の目標(1)

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「地上の目標(1)」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。