価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 少子高齢化社会!少子化・高齢化はそんなに悪い?

少子高齢化社会!少子化・高齢化はそんなに悪い?

少子高齢化社会!少子化・高齢化はそんなに悪い?自分の人生を自分で自覚して歩むこと。幸せがそれだと分かれば、少子化や高齢化はむしろ歓迎される現象だろう。人は親が消滅してはじめて己を思いやる。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









少子化・高齢化は本当に悪いことなのか?


少子高齢化社会は悪い?


人はまず100%ウソをつく。
みんなが言ってることは、ほとんどすべてが嘘だと思ってほぼ間違いはない。

政府も政治家も、大企業の社長さんもマスコミ関係者も、みんな一応に、少子化、高齢化は忌み嫌われることだと、のたまふ。




人間が減るから、それに伴い需要が減り、併せて供給も減るから、我らの稼ぎが減るという寸法なのだろう 。

稼ぎが減れば、巻き上げる税金も減って、国家にとっては由々しき問題だと思ってるんだろう。




買う人が居ないんだから、大規模工場や巨大スーパーマーケットなんかは要らなくなる。

失業したみんなは、商店街に戻ってきて昔のように細々と商売をするようになるだろう。

子供が減るんだから、学校は要らない。
昔のように商店街を継げばいいんだから、勉強をする必要もない。




勉強をする必要がなくなれば、人と人とを比較してきた偏差値なんかも意味がなくなって消滅するだろう。

行く会社がなければ、行く大学もなくなる。

大学へ行ったところで意味がないからだ。

大学へ行ったところで、給料も上がらないし、お金を捨てるような、贅沢者の浮世離れた儀典に化すことだろう 。

どうしてもお金が余って仕方がなかった、華族や皇族の子息が、ハーバードやケンブリッジへ行っていたようなもので、浮世では何の意味もなさない戯れに過ぎない。




想像して欲しい。
今ある日本の現状において、人口が半分となったら、どうなるだろうかということを。

うさぎ小屋だと揶揄された一軒の家の広さは、ほぼ2倍となってやっと人間の住むことができる家となることだろう。

ごみごみとした大都会は、約半分の雑踏となり、普通の都会に落ち着く筈だ。




幸せとは、人口が増え続け、国内総生産も増え続け、賃金も増え続け、貯金も増え続けることだという、まやかしのメッキは剥がされる。

うっとおしい雑多な人間が消え去った代わりに、我らは広い家と田畑を手にいれ、山海には自然が戻った。

この国土はやっと人間の住み得る土地へと生まれ変わったのだ。




無駄な競争は無くなり、子供にはストレスが無くなった。
我らには、無用ないじめをする必要はなくなったのだ。

過保護だった国は滅び、依存心の強い国民は地を這いまわった挙げ句に目を覚ます。

自分のことは自分でしなければならないと、やっとこさ悟りを開く。




甘やかされることは幸せじゃない。
窮屈な籠に押し込められたブロイラーには、幸せはないのだ。

我らは、反面教師的国家に背を向けて、やっと幸せとは何なのかを考え始めた。

世の中には、ずるいやつ、だらしないやつが多すぎる。
そんな人間を甘やかすことに、何の意味があるのか、日本国家よ。




お金じゃない。
学歴じゃない。

建前じゃない。
地位や名誉じゃない。

人目を気にすることじゃない。
身なりを着飾ることじゃない。




自分を優位な立場に置き、他人を見下げることじゃない。
自分の人生は、自分で確認しながら歩むこと。

幸せが、それなんだと分かってしまえば、少子化や高齢化はむしろ歓迎される現象となる。

人は親が消滅してはじめて、己を思いやる。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 少子高齢化社会!少子化・高齢化はそんなに悪い?

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「少子高齢化社会!少子化・高齢化はそんなに悪い?」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。