価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 社会の歯車!なんて大きくてりっぱな歯車なんだ!

社会の歯車!なんて大きくてりっぱな歯車なんだ!

社会の歯車!なんて大きくてりっぱな歯車なんだ!あなたが、「大人はアホ過ぎる」と言っている次の瞬間には、あなたも直ぐに大人となりて、学生さんから「あんたは小ずるいアホな大人だ」と侮蔑されることになる。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!









社会の歯車!なんて大きくてりっぱな歯車なんだ!


社会の歯車!


学生さんは、「大人はみんなズルく、特に教師はアホ過ぎる」と、のたまう。
「こんなに汚く住みにくい社会にしたのはあんた達だろう。」

「こんなんじゃ、我ら学生はとてもじゃないけど夢も希望も持てやしない、やる気も起こりゃしない」と、ほとんど人生を投げかけてる。




私は他人から考え方のヒントを貰うことを止めてきた。
教師を人生の師として仰ぐことを止めてきた。

それは、或る教師から或る教師へと、教えを乞う先を変えたところで、何の解決にもならないことが身にしみて分かったからだ。

あの教師もこの教師も、結局のところは、単なるひとつの歯車に過ぎない。
我らと同じ人生の迷い人であって、犠牲者の一人に過ぎない。




親の言うことにも、なるべく抵抗し拒否してきた。
世間の要求する型にもはまらないできた。

それでいて、ヒントの要求先を、他へ転嫁するようなズルはしなかった。
思考の本来の持ち主である、自分自身へと取り戻したのだ。




すべてのことは、自分自身で考える。
思考回路を成人させて、独立独歩できるようにした。

このように精一杯抗(あらが)ったにもかかわらず、私はこうして社会の歯車のひとつに如(し)かず。




我らは、例え甘えた存在である学生であったとしても、等しく、世間より突出することを嫌い、他人の目を避け、目立たぬように生きたい。

自分なりの価値観を持つ努力はせず、自己では判断せず、他人に己の進路を決めさせておいて、それでいて、他人からの介入は不本意であるとのパフォーマンスを大袈裟にし、また、そういう不憫な自分にも陶酔しながら、「私の人生をいじくるんじゃない」と、権利だけはりっぱに主張する。




かように、大人はずるいけど、もちろん、学生さんも同罪だ。

大人もあなたと同じく、世間の隅っこの方で目立たぬように、静かに、楽をして人生を送りたいだけなんだ。

あなたが、「大人はアホ過ぎる」と言っている次の瞬間には、あなたも直ぐに大人となりて、学生さんから「あんたは小ずるいアホな大人だ」と侮蔑されることになる。

今は、学生だから、大人をバカ呼ばわりしてれば許されるけど、でも今この瞬間にバカな人は、明日もバカな訳で、明日もバカな人は明後日もバカには変わりないんです。




今日バカな大人は、未来でもバカなように、結局は、今日バカな学生さんは、未来に大人になってもバカということになる。

大人も我らと同じバカなんだ、だから、我らはそんな環境には係わりなく賢くならなければならないと、今そう思ってる学生さんだけが、将来バカな人間に迷わされることなく、自立した人生が送られるんだろう。

だから、ここは大人も子供も関係ない。

世の中は、あなたもずるけりゃ、他人もずるいと言うことだ。
みんな、小ずるいと言うことだ。




みなさん、しょせん我らは歯車のひとつに如かず、なんだ。
あなたも歯車なら、大人も歯車、もちろん教師も歯車だ。

恥ずかしながら、いや、恥ずかしがることもないが、これは当り前のことだ。

我らは、ひとりも漏れずに、立派な歯車となりて、それで何とか飯を食って命をつないで来てるんだ。

恥ずかしがることなんて何もない。
大人を責めることは、君ら学生自身を責めることに等しい行為だ。




我らは誰しも、みんなが一人ひとり自立していて、自身の未来は自身が作ってるんだと、そういう自負があり、責任もあって、同時に責任を回避したいという相反する弱い心も持ち合わす。

我らの人生は、我らの人生であるんだけれど、立派な歯車に成り下がってしまった不甲斐なく惨めったらしい今の現状を認めたくない、だからその責任を、教師のせいにしたい、親のせいにしたい、社会のせいにしたいんだ。




学生さん、もうすぐすると、あなたのクラスメートの中から、職業選択のひとつとして教師になったりする者が出てくるだろう。

或る者は教育委員になったり、或る者は教育長になったりするかもしれない。

なんだ、あいつが教育者か、大したことないな、昔は俺と同じバカだったんだ、という台詞を言う日も、近々、やってくるのだ。




そう。

教師もあなたと同じバカ人間です。
だから、大人に過大な期待を抱いちゃいけない。

大人は、別に飛び抜けて知識がある訳じゃないし、特に、高潔で倫理性が高い訳でもない。

教師も、あなたと同じように、酒を喰らい、ギャンブルに興じ、異性にはまったりもするんだ。




だから、あなたと違った、飛び抜けた責任感や、洞察力や、判断力を求めるのは止めましょう。

あなたが、今、現に教育を受けている教師がバカに見えるように、その教師に教育を授けた教師も、またバカだったのだから。

教師も、あなたと同じように不条理を感じ我慢した口だ。




でも、かすかな希望もあるにはある。
教育がすべてを作りだす根本なんだって、という理想がある。

子供は、誰かが教育しなきゃ、将来、モラルが無く、ルールを守らない犯罪者になるんじゃないの、という教育の最低限の効用も認めたいところだ。

さらに希望を膨らませて、教育がりっぱな社会人、賢い社会人を作り出すんだという、そういう理想が真実だったと信じたい。




でも、その逆に、本音の部分においては、自分は自分なんだから、たとえ誰に教育されようが、犯罪者になる奴はなるんだろうし、そういう奴は、自分の自由な選択として犯罪者になることを選んでるんだろうから、教育の無力性も十分に証明されてしまったといえばされてしまってる。




誰がコンロトールしようとしても、我らは誰の言いなりにもならないって具合に、教師よりも十分大人なんだ。

実際、学校じゃ、教師の言うことなんて誰も聞いちゃーいない。

さぼる奴は、いくら注意されてもサボるだろうし、勉強する奴は、誰にも何にも言われなくても勝手にやるんだ。




我らはみんな、同じようにひとつの歯車に成り下がってはいるけれど、自分ひとりで考えることができる歯車と、自分のことさえも責任が持てない歯車とじゃ、大きな差がある。

どうしても人生の師が必要だったら、自分が自分の師となればいいだろう。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 常識人のコラム!ありえない一癖コラム!  >> 社会の歯車!なんて大きくてりっぱな歯車なんだ!

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「社会の歯車!なんて大きくてりっぱな歯車なんだ!」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。