人生相談お悩み解決サイト -「価値辞典」  >> 人生を変える!人生を変えるあなた!人生を変える彼女たち!  >> 生きる目的?食べるためが生きる目的?生きる目的はなに?

生きる目的食べるためが生きる目的?生きる目的はなに?

生きる目的食べるためが生きる目的?生きる目的はなに?無意味な人生をただ送ってる人には、生きる目的はなんとなく毎日食べること。であるから、食べるために生きているようなもの。生きる目的が、生きるために食べるとはそこに生きる意志の存在がある。




生きる目的関連悩みランキング
--------------------

⇒ 仕事を辞めたい (T_T)

⇒ 結婚したいよ (ToT)/






生きる目的?食べるためが生きる目的?生きる目的はなに?


生きる目的



人の生きる目的とは、人は食べるために生きるのか?
それとも生きるために食べるのか?

無意味な人生をただ送ってる人にとっては、生きる目的はただなんとなく毎日食べることとなる。

であるから、生きる目的とは、食べるために生きているようなものなのだろう。

生きるために食べるのは、そこに明確な生きる意志の存在がある。
何のために生きているか、生きる目的を知っていなければ、そうは言えないのだ。

たいていの場合、人はただ食べるために生きるに過ぎない。



我らの生きる目的、すなわち我らは食べるために生き、食べるために存在するだなんて、なんと寂しいことだろうか。

できれば聞きたくなかった生きる目的の結論だろう。

原始時代じゃないんだから、食べるためはないだろうと思うけど、いや実際、人間の存在意義とは、生きる目的とは、原始の時代のそれとは、なんら変わっちゃーいないということなのだ。

我らは生まれて、ただ死ぬのみ。
その間は、ただ食べるのみ。
生きる目的とは、人間とは、なんとシンプルな存在だったか。



そこで、理論というにはお粗末だが、「触媒理論」というのを考えてみた。
触媒とは、化学反応の速度を速める物質のことで、それ自身には変化は起こらない。

で、世の中に存在する、国家や社会、学校、家族、友達など、自分以外のものをすべて触媒と考えてみることにしてみた。

生きる目的が食べるための人生に、へそを曲げて、もう誰とも交わらない、と決め込んでもいいんだろうけど、そんな人生じゃーつまんないからと、いろんな触媒を介して生きていく道も見えてくる。

我らは、積極的に国や社会などに関わって、そこから自分というものを発見できるという可能性も秘めている。

いろんな触媒に接し、様々な化学反応を起こし生きる目的探しをして、そこから得られるものを受け入れるのである。

このようにして、我らは生きる目的を見つけ、自分とは何者かを導くことができるようになる。



もっとも大きい反応を示す触媒のひとつは、きっと「お金」だろう。
人々はお金に触れ、猛烈に反応し、己の欲望をむき出しにされてしまうのだ。

我らは生きる目的が、食べて死ぬ人生だと思っていたところへ、この世にはこんなにも熱狂できるものが存在するんだとの境地に導かれて。

こんなに面白いものがあったのか。
そうか・・・まさしく生きる目的・・・この世でもっとも価値あるものはお金である。

とにかく、生きるもくtrキトは、人生とはお金である。
と、血湧き肉躍り、心をときめかせるのである。

人々はお金という触媒を通して、生きる目的、己の人生はお金を増やすことであると気がついたのだ。


生きる目的?食べるためが生きる目的?生きる目的はなに関連生きる目的?食べるためが生きる目的?生きる目的はなに関連


結婚における幸せの条件?結婚で誰でも幸せになれる条件?









人生相談お悩み解決サイト -「価値辞典」  >> 人生を変える!人生を変えるあなた!人生を変える彼女たち!  >> 生きる目的?食べるためが生きる目的?生きる目的はなに?

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「生きる目的?食べるためが生きる目的?生きる目的はなに?」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。