価値辞典〜本音の検索〜 >> 自分の価値!あなたの価値!すっきり自分探し! >> 自分を変える決断の最後の障害

自分を変える決断の最後の障害

自分が変わる決断の最後の障害として、妻へ相談をすれば、妻が反対し、妻が反対しなくても、妻の父母へと話が伝わり、彼らがしゃしゃり出て来て反対をするのです。

本音検索サイト価値辞典どうでもいいことに時間と労力と人生を掛けるくらいなら→もっと価値辞典を!










自分を変える決断の最後の障害


自分を変える


バブルが崩壊し、そして、平成の大不況がやって来るまで、我々日本人は、出世とお金のために脇目も振らずに頑張りました。

しかし、今や体は脱力し、頭は茫然とし、心は敗北感や無力感で一杯です。

崩壊は、泡ばかりではなく、掛け値無しの実物経済、すなわち地に足の着いた現物の生活そのものをも、脅かしそうな勢いです。




このように、「リアルの崩壊」さえも予想される今日は、差し詰め日本崩壊前夜、日本没落寸前と言ったところでしょうか。

遥か昔の歴史を紐解けば、エジプト、ギリシャ、ローマ・・・、近現代の、欧米、日本、アジアへと、バトンがリレーされるかの如く、発展途上にあるものはいつかは発展し、発展したものはいつかは衰えるという、衰者必盛、盛者必衰の理(ことわり)を表しています。




中国、韓国、台湾などのアジア諸国では、今や日本人が失ってしまったと言っても良い、出世とお金のためにモーレツに働く、ハングリーな姿を見ることが出来ます。

昔、日本には「安くて良い物を作って何が悪い、作らない方が悪いのだ」、という声も聞えて来そうなほどの勢いがあり、「絶対に勝ってやるぞ」という気概にも満ち満ちていたものですが、それらは、アジア諸国へと完全に移ってしまったようです。




さて、「出世やお金のためにモーレツに働く」というモノサシを、アジア諸国に手渡してしまった今日の日本には、一体何のモノサシが残されていると言うのでしょうか。

それは、「こんなものだろう」、「こんな程度で良いだろう」・・・そう、恐らくこんな程度のモノサシだろうと思います。

「食って行く、そして、欲しい物を買うお金は既に手に入れた。」
「無理をして、これ以上のお金や物を追い求めることも無いだろう。」

「それ以前に、欲しい物はすべて手に入れてしまった。」
「これ以上、欲しい物なんか何も無い。」




世の経営者達は、欲しい物が何も無いという日本人を相手に、商売をしなければならず、これからは、もはや感動を売るしかないだろう、という最終型企業理念の元に、商品開発をしている模様ですが、物から離れ、企業から離れて考えた場合、個人にとっての最大の感動とは何でしょうか。

「・・・」




人によって無論違うと思いますが、「遣りたいことをする」というのでは如何でしょう。

「遣りたいことが出来る」というのは、確かに感動ではないでしょうか。




それは、出世とお金を得るために、がむしゃらに走り続けた結果、考える暇が無かったり、そこまで考えが至らなかったものであり、気持ち悪いほど物分りが良い言い方ですが、「人生なんてこんなもの、自分なんて所詮こんなものだろう」と諦めていたものなのです。

「これからは、何が何でも遣りたいことをする」というのを、これからの人生のモノサシとして、採用してみては如何でしょう。

仕事選びなどの行動を決めるポイントは、「遣りたい事か否か」になります。




しかし実際に、このモノサシを使って、「いざ転職しよう、遣りたい仕事に鞍替えしよう」とすれば、思わぬ障害が身近に潜んでいることが分かります。

己の決意をほぼ固める段階においては、家族と相談をし、同意や賛同、協力や協働を得た後に、最終的な答えを導き出すものですが、妻へ相談をすれば、妻が反対し、妻が反対しなくても、妻の父母へと話が伝わり、彼らがしゃしゃり出て来て反対をするのです。




また、夫へ相談すれば、夫が反対し、しなくても夫の父母が反対をしたり、自分自らの父母が出てきて反対をしたりするのです。

安定した生活と老後を保障してくれている大企業を辞めてまで、「何故不安定な企業へ移るのか」、「何故連続した順調な人生を、一旦断ち切らなければならないのか」と一喝一蹴され、不思議がられ、何も理解されずに、猛反対されるのです。




彼らは、兎にも角にも変化を好みません。

頭には、まず退職まで会社に居続けることが大前提にあり、その間には、結婚をし、家を建て、子供を儲け、大学まで行かせ、大きな安定した会社に勤めさせる。

そしてまた、結婚をさせ、家を建て、孫を儲け、大学まで行かせ、大きな安定した会社に勤めさせる。




この「変化をしない循環」は何代にも渡って続き、そして、それぞれの人生の最終は、安定した年金生活を獲得することで締め括られるもの、と決められているのです。

これ以外の選択は、許されないと申しますか、体が受け付けないと申しますか、脳みそが受け入れません。




ある日突然、会社が倒産したとします。

しかし、予想に反して、自らはあまり非難されません。

ある程度大きな会社に勤めていたのだから、それは、個人では予測不可能であって、予測できたとしても対応不可能な出来事であり、不慮の事故に遭遇したようなもの、運が悪いとしか言いようが無く、原因は時勢や景気、はたまた国の政策が悪いからだろうと、返って同情され、慰められ、再就職頑張れ、と励まされるのです。

そりゃー、ショックなことはショックのようですが、家族を路頭に迷わせた責任を、家族自体はあまり問わないのです。




しかし、リストラの場合は、これとは少し話が違ってきます。

引き続き働くことが出来る世間の人と比べれば、倒産は、大きな変化には違いありませんが、会社丸ごとの道連れと言いますか、まだ一連の運命を辿る仲間が居ます。

仲間と同じく、徒党を組め、多数に所属でき、群衆に紛れるという、安心感がまだあるのです。

危ないと囁かれていても、最後まで会社にぶら下がり続け、多くの人と同じ人間であり続けることを望み、例えそれが破滅の道であったとしても、問題を先送りし、より多くの人と同じ道を辿っている方が、安心できるのです。




一方、リストラの場合は、謂わば、無能な人間の証明、社会的な死の宣告と申しましょうか、何故あなたが失格者扱いをされなければならないのかを、家族から責め立てられます。

遠い昔の学生時代の、学年にひとり出るか出ないかの落第者の姿が、妻の脳裏を過ぎり、恥ずかしさと敗北感と劣等感で頬を紅潮させた次の瞬間には、悲嘆と不安と怒りで顔を歪めます。




「会社倒産などという変化が起きるのではなく、我が家族には何の変化も無く、みんなが健康で暮らせ、平穏無事に人生を終えることのみを、ひたすら望みたい。」

このように、会社にさえ、潰れることなく永久に存続して欲しいと願っている人間を、説き伏せることは至難の業と言えるでしょう。




そんな家族達の、カチカチに固まってしまっている脳みそに、倒産やリストラのような受動的にではなく、転職のように能動的に変化することを受け入れさせるには、結局、出世とお金を求めてモーレツに突き進んできたのは何故か、それは己及び家族の幸せのためであったこと、そのことを家族に思い出させ、知らなくば知って貰い、そして次に、遣りたいことを遣るのも何故か、これもまた、己及び家族の幸せのためであることを、時間を掛けて切々と訴える必要があります。




家族と幸せを共有し、また、各々それぞれが単独で幸せでありたいのであれば、この難関を突破しないことには始まりません。




堅苦しい物言いですが、変化をしようと思い立ち、思考の進化を遂げた人間の周りには、えてして相談をする人間がひとりも居合わせないというものです。

例えば、あなたが何か新しいことをしようと思い立った時、新しいことにチャレンジせず、従って経験もしていない人間に相談をするでしょうか。

相談をすれば、恐らく、たちまちの内に否定されてしまって、やる気を削がれ潰されてしまうことでしょう。




逆に、例えば、経験済みの人に、転職の相談をしたとします。

無論最終的な判断は己でするしか無いのですが、転職者は、経験談に交えながら、アドバイスや留意点などを的確に盛り込み、何より、「そう思うのなら遣ろうじゃないか」と、後ろ向きではなく、前向きな言葉を添えて、応援し、助けてくれるのです。




そうような良好な人間関係に遭遇するためには、家族や周りの人間に相談するよりは、既に経験済みという、もう一段上の人間に、自らも階段を上って、相談しなければならないのです。

ここでは、「思考の進化」とか「もう一段上の人間」などの言葉を使ってしまいましたが、それは、変化しない人間より、変化する人間の方がレベルが上などの意味では無くて、考え方が変わり、日常から非日常を志向した、との意味合いからのもので、申し上げるまでも無く、変化しようがしまいが、人間の生き方に上下なんて在りません。




何も挑戦せず、何も成し得なかった親の口から、「親の成し得なかった夢を子供に託す」という言葉が聞かれる場合がありますが、正確には、「成し得なかった夢」ではなくて、「何もしていない夢」が正しい表現でしょう。

また、「自分の子供には、好きなことを遣らせたい」、「自分は出来なかったから、子供には自由に遣らせたい」と、世間には、このようなことを言う親も居ますが、幾つかの大きな障害が待ち受けている厳しい道程に、チャレンジもせず経験もしていない人間が、果たして本当に、進ませてあげることが出来るのでしょうか。




「安全が第一であって、敢えて新しいことなどに挑戦する必要はない」、「多少のお金と適度の仕事が有れば十分であって、可もなく不可もない、中庸の生活が最も良い」、「お金は欲しいが忙し過ぎるのは嫌だ」、「仕事は面白くないが、責任は負いたくないから、結局サラリーマンが一番良い」などと、日に日に、或いは夜な夜な、夫婦間で会話していなかったでしょうか。




人間は環境の動物と言われ、人格や価値観及び考え方や思考パターンは、幼少期から成長期にかけて、親が造り出す環境下で形成されます。

子供は、いつも親の傍らに必ず居て、親の言動を見聞きし、そして親の真似をするようになり、洗脳されてしまった脳みそから湧き出す思考パターンについても、真似をすると申しますか、そうならざるを得ないように潜在意識には、それらがすっかりと刷り込まれてしまっているのです。




物事を尋ねるのに、そのことを知らないだろうと思われる人間に、アドバイスは求めないものですが、親子に至ってしまっては、影響を排除する術はありません。

もし、そのような業が出来るのであれば、「転職?素晴らしいじゃないか、どんどん遣り給え」、という循環が始まる訳です。

旅行が何故素晴らしいかと言えば、仕事と家庭の往復や、日常の喧騒や雑踏から離れた非日常だからです。




「転職?素晴らしいじゃないか、どんどん遣り給え」と言えてしまうのも、実は、それが非日常だからであって、当たり前のことですが、非日常も、常態化すれば日常になってしまい、状況がそこまで進んでしまえば、「転職なんか当たり前じゃないか、どんどん遣り給え」、という循環が始まることになるのです。

「転職?素晴らしいじゃないか」という言葉は、削ぎ落とされるのです。




このように表現してしまえば可笑しいですが、人間に、生きるプロとかアマなどは居ません。

強いて言えば、生きている人間全員が、生きているだけでプロなのです。

そうとなれば、学生のプロ、サラリーマンのプロ、主婦(夫)のプロ、親のプロ、子供のプロ・・・世の中には様々なプロが存在することになりますが、プロと称するからには、その業界の常識とやらに染まっていなければなりません。




「染まっていなければ」と言うより、学生の常識、サラリーマンの常識、主婦(夫)の常識、親の常識、子供の常識と、様々な常識に、「染まってしまっている」と言った方が良いかもしれません。

能動的に表現すれば、学生業界の常識を知り尽くした人を、プロの学生と、サラリーマン業界の常識に長(た)けた人を、プロのサラリーマンと言うのです。




さて、その業界の常識を打ち破れば、非日常が始まる訳ですが、打ち破る人間はいつ現れるのでしょうか。

一旦打ち破ってしまえば、それがまた日常と化し、そしてまた常識に染まり、そしてまたまた、打ち破る人間が出てくる、という何世代にも渡る家族の好循環が始まるのですが。

あなたの家族の好循環の初代は、一体誰なのでしょうか、あなたなのでしょうか。




世の中を見渡せば、医者の子供は医者、政治家の子供は政治家、教師の子供は教師、サラリーマンの子供はサラリーマンと、その業界の常識を打ち破る人間が出現せず、当たり前になってしまっている2〜3世代継続の循環を、数多く確認することが出来ます。

自分自身の常識と、家族の常識に染まり切って、変化を起こしそうにない循環のことを、「良し」とし、「安定」と考える人達も、確認することが出来ます。























価値辞典〜本音の検索〜  >> 自分の価値!あなたの価値!すっきり自分探し! >> 自分を変える決断の最後の障害

Copyright(C)2001- Kachijiten. All rights reserved.

         






Presented by Kachijiten


『価値辞典』〜本音の検索〜

「自分を変える決断の最後の障害」

 Copyright(C) Kachijiten. All rights reserved.

『価値辞典』には色々な考え方が詰まってます。